2014年08月23日

ビジネスマンは私服を着たい。

幸福人とは過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、
不幸人とはそれの反対を記憶している人々である。( 萩原朔太郎 )

__assaffwewer.jpg
≪ 木 ≫

ポロシャツ姿で出勤。異動して四か月、頭の中からスーツ着用以外の選択肢
が排除されていたのですが、そうだスーツを脱ごう!と思い立ち決行。これが
非常に快適。ポロシャツ+チノパンなので上半身も下半身も心地よい。解放感
がハンパないです。ポロシャツ三枚持っているのでこれから週三日は快適通勤
生活です。なんで今まで気付かなかったんだろう。

まったく関係ない話ですが、街中でロレックスのサブマリーナを身に着けている
人ってオシャレだと思っているの?よく見かける。雑誌でモデルが身に着けてる
ことはまずなくてストリートスナップのページで素人さんで身に着けている人が
載っている時に、アレがとてもダサく感じるんですよね。ダイバーズとミリタリー
を未だに理解できない。海に入るための時計じゃないのか?!とまでは言わな
い。迷彩服を着たら戦場へ行けとは言えないから。でも、こういう人って海に入る
時にははずしたりするんだよね。アホか。

__afqwqfqwfwfawf.jpg
≪ 花 ≫

人生であと何回、私服を着られるのか。仕事で人生の大半の時間を失って
辛い部分はそこ。1年365日のうち 235日は会社へ行くんです。つまり私服
は 1年 130日くらいしか着れないんです。それだけしか、土日しか着れない
のに服をたくさん靴をたくさん帽子や腕時計やもう色々がたくさんあるんです。
会社休みたいとか仕事がなくなって欲しい二番目の理由は私服が着たいか
らですね。決して楽をしたいからではないです。もちろんゴロゴロして過ごし
たいけど毎日ね、でも、どちらかというと街を歩く時間が欲しいです。

因みに平日と土日の一番の違いはコーヒーを飲むかどうか、かもしれません。
平日には必ずコーヒーを飲むけど、土日は殆ど飲みません。身体の良いのか
悪いのかよくわからないので気にしてませんが。
posted by taca at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE 撮影 ( 2011 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

HERE × アルカラ × ピエール中野

今年は冷夏だ!と言われても暑いものは暑い。昼は溶けそうになるむわっと感。
骨まで溶かされそうなのに肩こりは固まる一方で足もガッチガチ。暑いよと何度
言っても暑さは変わらないし肩こりは治らないから暑い暑いよ言う挨拶はやめて
ほしいけど日本人は天気を用いた挨拶が大好きで困ったちゃん。夜に冷房がな
くても眠れる程度ですし冷夏ですよ!と声高に言われてますから、冷夏と信じて
みんなが涼しいですね!と言い合うくらいが頼もしいですね。日本は弱音ばかり
で困ります。熱中症で倒れても困っちゃうけどね。みんな気を付けようね。


≪ 感情超常現象 / HERE ≫ *動画です。

今夜はライブを観てきました。渋谷TSUTAYA O-WESTで、HERE主催 LIVE。
出演は HERE、アルカラ、ピエール中野( 凛として時雨 )のスリーマン。これで
楽しくないはずないじゃない。仕事帰りなのでスーツで急いで駆け付けました。

ピエール中野のソロドラムパフォーマンスで和やかに楽しませ、でも最後には
すげぇ〜と心の底から思わせてくれて、アルカラで一気にハコ全体にエンジン
がかかった。やっぱり凄いバンドです。トリの HEREも楽し過ぎた。混沌が共鳴
して熱中症で倒れる人が続出するんじゃないか!?って熱気でした。

HERE×アルカラ合体バンドも凄まじいの一言。『 交差点 』からの寸劇からの
『 アモーレアモーレ 』でとてつもなく盛り上がった。そして最後に『 Passion 』
からの『 感情超常現象 』で完結。もう全員のテンションと演奏と熱気がむんむ
んとビンビンと伝わってきてあ〜このまま天国に連れて行かれちゃうんじゃ?
ってくらいやられました。あ〜楽しかった。ほんま楽しかった。


≪ キャッチーを科学する / アルカラ ≫ *動画です。

たくさん友人を連れて行きましたが何人か会えなかった。でもみんな楽しんで
くれたようで良かった。またライブ行きましょう!次回はちゃんと着替えてから
行きます!笑
posted by taca at 02:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化・芸能・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

【九州旅行】長崎編

長崎編を書くのが遅くなりました。というか一度書いたのテキストを失くして
しまったので最初から書き直しています。

__0012Aiiioa_2.jpg
≪ 長崎 ≫

昨夜あまり飲まなかったせいか朝はスッキリお目覚め、大浴場でお湯に浸かり
早朝の長崎をお散歩。ぶらりぶらり。ホテルから徒歩 20分もかからずに目的の
グラバー園に到着。早すぎたので引き続きぶらぶらして開園時間の 8時に入園。

グラバー園って長崎観光を考えたことのない九州外の人はまず知らないと思
いますが、長崎へ行くぞと調べると、その存在は無視できないほどの観光地。
旧なんとか邸とか旧なんとか住宅の集まった公園です。歴史を感じることも
出来るけど、それよりも住宅展示場とか好きな人は楽しいんじゃないでしょ
うか。

__0012Aiiioa_6.jpg
≪ ≫

ただ、男が一人で来る場所じゃない気がしました。カップルと老夫婦いな
い長閑な場所でした。

続いて、真横にある大浦天主堂へ。日本の 216の国宝のうちの 1つですね。
ここも淡々と見ました。観光地って相当な思い入れがないかぎりは満腹な
んですよねどこへ行っても。

__0012Aiiioa_4.jpg
≪ 高台 ≫

早朝に歩き回ったので暑すぎず、効率良く回れました。ホテルに戻ってまた
お風呂に浸かり汗を流してから、もうすぐ 10時なのでチェックアウトして荷物
をホテルに預けてまた観光へ。とりあえず 5時間もあるけど一番行きたい場所
へ行っておこうと、路面電車で長崎原爆資料館へ。

韓国人と中国人だらけでした。ここはどこの国だっけと思うくらい日本語を
聞かない 2時間でした。首から一眼レフをさげているせいか、写真を頼まれ
まくった。

__0012Aiiioa_7.jpg
≪ グラバー園 ≫

ここは、行った方がいいですね。最後のお土産コーナーに最近は図書館
から姿を消してしまった 『 はだしのゲン 』があったので改めて読み耽って
しまいました。子供が生まれたら必ず読ませたい漫画ですね。

『 はだしのゲン 』の絵本もあるんですね。絵が同じだから怖さは変わり
ませんが。

続いて、すぐ近くにある長崎平和公園内に設置されている原爆落下中心碑と、
平和祈念像を見た。ここも外国人の観光客がたくさん。

__0012Aiiioa_3.jpg
≪ 平和祈念像 ≫

長崎といえばちゃんぽん。食べたいと思ってホテルのフロントで聞いた
ところオススメされたのがリンガーハット。むしろ他でどこで食べるのだ
ろうと考えてしまうくらいでした。そんなに大人気なのか長崎でも。少し
ビックリ。長崎県民に愛されているなぁリンガーハット。

とはいえ、リンガーハットで食べてもねぇと思い、でも調べたところあま
り近くに営業中の店が少なかったので、ちゃんぽんじゃなくて、もう一つ
の長崎県のソウルフード、トルコライスを食べようと考えてトルコライス
発祥の店へ。昨夜の飲み屋から歩いてすぐの場所にありました(笑)

「 ツル茶ん 」という古びた外観の喫茶店のようなお店でしたが中はそ
こそこ混雑してました。色々な種類のトルコライスがありましたが一番
ポピュラーなトルコライスを注文。見た目は想像通りのトルコライスで
した。味も想像通りでした。食べるのは一回でいいかな(笑)

__0012Aiiioa_1.jpg
≪ ツル茶ん ≫

続いて出島へ。ここも特に語ることは無いですが、陸地にあるのは少し驚き
ました。たしかに昔のような島の形状なはずは無いと思っていましたが実際
に見ると没趣。でも、なるほどここが出島だったのかと感慨深い場所でした。

それから、長崎新地中華街へ。ここは神戸の中華街よりも小さいよと聞いて
いたので覚悟はしていましたが本当に小さかった。見どころもなくすぐに飽
きる場所でした。角煮バーガーも食べてはみたけど美味しくなかった。

__0012Aiiioa_8.jpg
≪ 亀 ≫

出島もですが長崎新地中華街もホテルから徒歩数分で、中華街を見てから
歩いて 1分ほどでホテルに到着。荷物を受け取り、これまた徒歩 5分という
近い場所にある空港行きのバス乗り場へ。あらかじめ時間がわかっていた
のでバスが到着する時間に行ったので、すぐに乗れました。日本は大体の
ことが時間通りだから素晴らしいですね。

空港でお土産を買って東京へ。旅行って楽しいけど、帰るときに「 帰りた
くない! 」と思うことって殆どないですね。いつも東京に帰りたい自分が
います(笑)

__0012Aiiioa_5.jpg
≪ 坂の途中の猫 ≫

長崎はけっこうオススメですね。観光しやすい。たった四日間でしたが
とても充実していたせいかとても長く感じました。また 9月に小旅行し
たいな。どこか国内でオススメがあったら教えてください。
posted by taca at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE 撮影 ( 2011 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

【九州旅行】佐賀・柳川編

愚者は己れが賢いと考えるが、賢者は己れが愚かなことを知る。
( シェイクスピア )

saga2014_05_02.jpg
≪ 佐賀城本丸歴史館 ≫

佐賀・柳川編に突入。半日と短いので簡潔に書きたいと思います。

三日目の朝、お風呂に浸かりながら小説を読み進めるなどかなりのんびりとして
から薬院駅、そこから柳川駅へ。ポッキーを食べながら。乗り換え無しの特急で
40分、旅行中の移動は距離が短いとつまらないし長いと疲れてしまうからちょうど
良い距離。ウチから柴又まで行ってもそれは旅行とは呼べない外出だし、アメリカ
国内を電車かバスで移動しろと言われたら泣くしかない。みたいな。

思っていた以上に近くアッと言う間に柳川駅へ。柳川鍋の柳川ですね。むしろそれ
しか知りませんが、ちょうど前夜にバラエティー番組で柳川の川下りの紹介がされ
ていたのである程度の知識はそこで得ました。頻繁に芸人が川に落とされていま
したがそこは見習わないように。

saga2014_05_03.jpg
≪ 若松屋 ≫

柳川駅でバシタカと待合せ。昨日は熊本駅、今日は柳川駅と某番組の地方ロケを
彷彿とさせられました。なるほどバシタカはこんな場所に住んでいるのかと関心を
払いながら、お腹がペコペコなので柳川といえば鰻のせいろ蒸し、ということで食
べにいきました。若松屋という有名店で。建物の古さから歴史を感じました。

saga2014_05_13.jpg
≪ 鰻のせいろ蒸し ≫

待たされること 20分、鰻のせいろ蒸しはとても美味しかったです。普通の蒲焼き
とは鰻もタレも違う味で、私の知っている鰻重とは少し違う料理のようでした。

食べ終わり、少しだけ川下りも考えましたが、パッケージツアー客と思しき集団が
合羽を身にまとい強引に川下りをしていましたが、こんな雨の中では風光明媚な柳
川の町を舟に乗るような情緒を味わえない気がしました。また柳川に来るための目
的として残しておきました。

saga2014_05_11.jpg
≪ 佐賀城本丸歴史館 ≫

続いてバシタカの車がびゅんびゅんとばして佐賀城の跡地が佐賀城本丸歴史館
という名前で残存していることで、興味津々見に行きました。ここがとても良かった
ですね。 整然とした大広間( 外御書院 )と一番奥の御座間の風格が兎に角良か
った。でもオススメはしません。お寺とお城と絵画に関して、私は普通の人と感性
が大分異なるようなのでオススメしてもオススメにならないからです。興味深く
見る所は長時間、興味が沸かないと有名でもすぐ見飽きてしまったりします。

期間限定で開催されていた日本刀の展示も素晴らしかったです。ずっと見て
いたいと思うことなんて本当に稀なんですが。

saga2014_05_16.jpg
≪ 佐賀城本丸歴史館 ≫

朝の大雨がだんだん小雨に変わって昼過ぎからはずっとパラパラでした。

その後、武雄温泉へ。温泉に入りたい!という要望でココへ連れて来てもらいました。
蓬莱湯という綺麗な温泉もあったのですが、明治九年に作られた古びた元湯に入りま
した。熱くて気持ち良かったです。この旅はお風呂に浸かってばかりですね(笑)

saga2014_05_07.jpg
≪ 武雄温泉 ≫

それから武雄市図書館へ。日本一有名になった図書館ですね。2013年から、CCC
が指定管理者となって運営されている市立図書館。つまり市がこのままじゃ利用者
が少ないってことで、CCCに運営を委託しています。CCCは TSUTAYAを経営している
会社ですね。

なので、従来の図書無料貸し出しはもちろんですが、蔦屋( つたや )書店の併設
での書籍の購入や TSUTAYAの十八番である CD・DVDの有料レンタルも可能です。
スタバまであってとてもオシャレな雰囲気でした。平日のせいか利用者は多くはなか
ったですが。本に囲まれる空間って良いですね。近所に欲しいと思うけどあっても利用
しない気がしますね。本は買って読む派なので。

saga2014_05_08.jpg
≪ 武雄市図書館 ≫

図書館をあとにして夕方には乗ろうと予定していた特急にちょうど乗れる時間に肥前
鹿島駅に到着するところがさすがのバシタカ先生。

この日は移動日で軽く柳川に触れられれば良いかな、程度に考えていたので、バシ
タカが案内してくれなかったらここに書いたような内容の濃い一日にはならなかっ
たと思います( 鰻は食べに行ったでしょうが )。本当に感謝。俺の好きなものが
よくわかってる。九州で石橋という苗字に間違いは無いですね(笑)

補足。

皆さんご存知のブルヂストンという世界一位のタイヤメーカーがありますが、その
企業名のとおりブリッジとストーンでつまり石橋( 正二郎 )さんが作った会社です。
語呂が悪いので橋石と逆さにしていますが。その石橋さんはどこの石橋さんかってい
うと福岡県の石橋さんなんですね。本州の人はあまり知らないところですが、九州と
いえば石橋さんなんです。町田市といえば木目田さん、みたいな感じでしょうか。

saga2014_05_10.jpg
≪ バシタカ ≫

肥前鹿島から長崎まで特急で約一時間。有明海を眺めながら悠久の時間を過ごしま
した。一時間もまたちょうど良い時間でした。最初は何気なく眺めていた景色でし
たが、よく見ると海の波が動いていない。と思ったら全て泥でした。圧巻というか
驚くほどの干潟。これは見た方が良いと思います。いつでも見れる光景なのかはわ
かりませんが。

有明海といえばムツゴロウ。。おそらくこの干潟に住んでいるんでしょうね。蒲焼
にしても寿司にしても美味しいらしいですが私はなんか食べる気がしませんね。

saga2014_05_06.jpg
≪ 雨の長崎 ≫

小雨がパラパラ降る長崎県へ。南くんとの待ち合わせ 30分前に長崎駅に無事到着し
ました。人生初長崎なので駅のインフォメーションへ行って地図と明日一日の観光
地巡りのオススメをざっと聞いてから路面電車で数駅の場所にある築町駅へ。そこ
から歩いてホテル( 長崎新地中華街の前の前 )へ。

saga2014_05_05.jpg
≪ 飲み ≫

ホテルから、南くんとの待ち合わせの思案橋駅まで歩いて 5分くらい。急ぎ足で
歩いて合流。いい感じの飲み屋さんでお馬さんを食べました。今回の旅行で会っ
た友人の中では今年の 1月に会っていたので全然懐かしくはなかったけどやはり
旅行中という現実とは違う場所で会うと、ちょっと感動しますし、彼はどんな時
に会っても楽しいですね。

南くんは私がスタッフをしている Cymbals Nightというイベントに出演していた
ギタリストで、かなり仲良くしてもらっています。おかげで短い時間でしたが楽し
い夜になりました。

飲んでから柊でラーメン。人気店のようで 22時という遅い時間にもかかわらず
とても混んでましたが、なるほど、美味しかったです。

saga2014_05_15.jpg
≪ 柊 ≫

幸せ気分で四日目の長崎編へ続きます。いよいよ完結。
posted by taca at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 【旅行】九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

ウチで飲み会

努力は語るものじゃないです。私を見て感じてください。( 嗣永桃子 )

__kumamoto2014haru_3.jpg
≪ 熊本 ≫

暑い日が続くね。でも去年に比べたらそんなに暑く感じないよね。最近、
平日の仕事が最近淡々としているので定時の 18時には時間が自由になる
ので平日に予定を入れられるのが嬉しいです。残業代が無くてもなんとか
暮らしていけますしね。

横浜DeNAベイスターズが読売巨人軍にまさかの 3連勝で今年のプロ野球は
ますますわからなくなってきました。ほんまに面白いですペナントレース!

腰痛が大分楽になってきたので調子にのって撮影依頼を受けてしまい、
今日はヒーヒー言いながら昼は青山の月見ル君想フで野坂ひかりの
撮影を、午後は六本木で雑誌の撮影をこなしてきました。顔は平然、
心に冷や汗。

__kumamoto2014haru_2.jpg
≪ 熊本 ≫

撮影から帰宅して久しぶりのウチ飲み。3週間ぶりかな。北村瞳、おすず、
ポケさん、久保さん、ことちゃん、涼ちゃん、きみちゃん、菊さん( スカーフ )、
かりんちゃん、ちかちん、すーちゃん、kumiちゃん、美和さん、ひろちゃん、
chika、キテ君( クロミス ノタタ ノタタ )、よでん君( ATLANTIS AIRPORT )、
川崎君、つばさ君・・・と人数がとても多くなってしまったけど、とても楽し
かった。みんなまたよろしくね!

関係ないけど、先週懐かしい夢を見て、これなんだっけと思っていたらそうだ
その懐かしいのも夢だった、と思い出して、どこかに書いていたと日記を読み
返したらありました。この夢の続きを見ました。商店街の情景がとても似ていて
やっぱり人間の脳って不思議。

夢を見た。( 2010年 10月 8日の日記 )
http://catcamera.seesaa.net/article/164995070.html?1407509859

__kumamoto2014haru_1.jpg
≪ 熊本 ≫

写真は先週の日記に貼れなかった熊本の写真です。
posted by taca at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み会・食事会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

【九州旅行】博多編

大事なことを任された者は、才能を頼みとするようでは駄目である。知識を頼み
とするようでも駄目である。必ず志を立てて、やる気を出し努力することによって
上手くいくのである。( 吉田松陰 )

_haka2014_207.jpg
≪ 山笠 ≫

九州旅行の日記の続きを書きます。博多編。

昼過ぎに博多駅へ。熊本駅からたったの 30分。新幹線の恩恵をシッカリと受けら
れました。全てが時間通りなのが国内旅行の強みですね。バシタカと博多駅ビル
の屋上から博多の街を眺めてから九州一の繁華街、天神へ。頭の中でずっとギャグ
100が流れていて気分は上々。

まずは 2階建てのオープンバス( 屋根が無い観光用バス )で周遊、8年ほど前に
仕事で訪れた TV局や福岡タワー、ヤフオクドームの一帯を一周するシーサイド
ももちコースを予約してくれていたので、約60分間の観光を楽しみました。ガイド
さんの喋りと綺麗な町並みでかなり満足出来る内容でした。想像以上。

_haka2014_204.jpg
≪ シーサイドももちコース ≫

名前のももちはもちろん嗣永桃子ではなくて、百道という地域名。サザエさん発祥
の地らしく石碑もありました。漫画自体の設定も最初は博多が舞台らしいですね。
あるときから設定が皆さんご存知の世田谷区( 桜新町 )になりますが。まぁ漫画
の舞台が博多なのに標準語だとおかしいですからね。その設定の変更のおかげで
国民的アニメになったのでしょう。

_haka2014_212.jpg
≪ シーサイドももちコース ≫

バスから降りた後はバシタカが大好きな久留米ラーメンが天神でも食べられる
ということで、大砲ラーメンへ。たしかに( くさかったけど )美味しかった。日本
ならどこに住んでも美味しいラーメン屋があるから良いですね。

_haka2014_201.jpg
≪ 大砲ラーメン ≫

続いて、うろんの老舗店、かろのうろんでうろんを食べてきました。博多うどん
発祥の店?とのことです。博多華丸・大吉が再三テレビで言っているように博多
の人は博多ラーメンよりもうどんを食べる機会の方が多いらしく、博多に来たら、
うどんを食べろ、とのことです。ということでごぼてん( 牛蒡の天ぷら )をのせて
食べましたが、噂以上に柔らかい、コシの無いうどんがにゅるり喉を通っていき
ました。香川のうどんはコシがありすぎてたまに硬くてアレですが、ここのはコシ
が無さ過ぎる。私は中間くらいが良いですね。

_haka2014_205.jpg
≪ 店内は撮影禁止だったので外で ≫

続いて、皆さんご存知の天神キャナルシティをぶらぶらしてから、中洲をとおり
行くあてもないぶらぶら散歩。中洲の屋台で食べ歩き・・・って誰に聞いてもオ
ススメされないので未だやったことないです。美味しい店がたくさんある博多で
観光客向けの高い屋台で食べるなんて馬鹿馬鹿しいよという吹聴が耳に溜まって
しまっているのできっと一生屋台で食べることはない気がします。

それから大橋駅へ移動して トシキと合流しました。もう夕暮れ時。 トシキも
バシタカと同じ私の大学の後輩で、ザ・九州男児といった感じ。とてもシッカ
リとしていて、数年前に結婚して子供もいて仕事もバリバリこなすといった男
です。初めて会った時は、ウチの大学にもこんなシッカリした男がいるのか、
と思ったものです。

トシキの結婚式の記事があったので載せておきます。もう 8年前か。久しぶり
に読んだらコメント欄にスケキヨのコメントがあってウケた(笑)
http://catcamera.seesaa.net/article/24734238.html

_haka2014_211.jpg
≪ 中洲 ≫

入ったのは鳥屋。テーブルの上で焼けるようになっているが、焼くというより
ちょっと網の上に置くだけという感じで、すぐお皿に戻し殆んど生肉のまま食す。
焼き鳥ではなく鶏肉の刺身といった感じです。でも生肉は提供してはアカンの
で既成事実として、焼いてくださいねと店の人が言うだけ言うという形式みた
い。生のまま食べて下さいと口では言いませんが生のまま食べて欲しい感じで、
こちらもそれを汲み取って生焼けのまま食べるのですがこれがとてもとても美味
しかった。生肉が大丈夫な方は是非。楽しい時間はアッと言う間だね。

_haka2014_209.jpg
≪ 鳥屋 ≫

食後、トシキと別れてバシタカとも駅で別れ、一人でラーメン。トシキに教えて
もらった店、海豚やでのそのそと。ここもかなり美味しかった。替え玉してバス
で薬院駅へ戻ってホテルでほっこり。朝はまだ熊本にいたのかと考えると不思議
ですが、明日の夜は長崎にいるんだなぁという不思議な感覚が旅らしいですね。
今日もバシタカにお世話になった。感謝感謝。

_haka2014_203.jpg
≪ 海豚や ≫

就寝。佐賀編へ続きます・・・。
posted by taca at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 【旅行】九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

【九州旅行】熊本編

1つ前の大塚炎上の記事中に私がドラムを叩いている動画を貼りましたが、
下手過ぎて見る度にやり直したくなります。だから人生って楽しいんですね。
5月末に 4日間で九州北西部( 熊本県、福岡県、佐賀県、長崎県 )を周遊
してきま した。三回に分けて書きます。とりま前編として熊本編。

kumamoto201405_15.jpg
≪ 熊本城とケータ君 ≫

九州は三度目。一度目は 2001年に九州まで青春十八切符で行き九州内は車で
周りました、二度目は 2011年に屋久島・種子島が目的のため鹿児島空港から
フェリー 乗り場まで移動しただけだったので( 屋久島も種子島も九州の一部では
ありますが )、今回が一番、九州旅行らしい旅行でした。かなり思いつきで事前
調べもなく行きましたが、現地友人のサポートでかなり充実した内容に・・・って
前置き長いね。

kumamoto201405_05.jpg
≪ ケータ君 ≫

出発前日は東京駅周辺で Cymbals Connectionの打合せ&飲み会。二次会を途中
退席して 24時までに帰宅したおかげで当日は元気ハツラツで羽田空港へ。昼前には
熊本空港こと阿蘇くまもと空港へ到着。ケータ君が空港まで迎えに来てくれました。

ケータ君は一昨年くらいまで東京に住んでいて、私の撮影していたピロカルピンという
バンドのドラマーだった時に知り合い仲良くなった友人。今は熊本で家庭を持つ 一家
の大黒柱です。ってことでまずはお家へ。

kumamoto201405_09.jpg
≪ 文龍のラーメン ≫

途中、文龍というラーメン屋でランチ。お店で熊本ラーメンを食べるのは新横浜
ラーメン博物館で( こむらさきで )食べたのを除くと初でした。熊本県内ではも
ちろん初。臭みが少なくてしつこくない味で美味しかったです( 九州で食べると
ラーメンは臭みが凄いんです )。通いたくなる味。

kumamoto201405_22.jpg
≪ たいちゃん ≫

ケータ君の家で優しそうな奥さんと、まだどちらに似てるとも判別つかない
赤ちゃん( たいちゃん )と初対面。これだけで九州に来た甲斐がありました。
美味しいカステラを御馳走になって、長崎へ行ったらカステラだなとキラリ。
次回はずうずうしく泊めてもらおうと思います(笑)

幸せをお裾分けしてもらったのに、図々しくも旦那さんを借りて熊本観光に
連れてってもらいました。あ、全くどうでもいい話ですが、車で前を通っただけ
ですが、うちの実家の近くにあったモンマートおぐらやに似た 店( というか同じ
チェーン店かと思いますが )があって、風格がそのまんまで懐かしい気分に
なりました。モンマートって何(笑)

kumamoto201405_11.jpg
≪ 熊本城 ≫

車の中ではラフ( あだち充 )を絶対に読もうと決心。びゅんびゅん走って熊本城
へ到着。前回、熊本県へ来た時は車だったせいか熊本城へは行かずに阿蘇山
を周遊しただけだったので今回はのんびり城内へ。私は木フェチなのでこれだけ
木があれば一日遊べるぞってくらい緑溢れる敷地はとても広く城の規模としても
大きく天守閣も立派でした。

kumamoto201405_14.jpg
≪ 熊本城おもてなし武将隊 ≫

城の前では熊本城おもてなし武将隊と呼ばれる、加藤清正及びその側近と思わ
れる人の皆さんのパフォーマンスを見ることができました。見えない敵と闘う姿と、
見物客のことがよくわかっているトーク術が素敵でした。日焼けなのか顔を真っ赤
にしている人がいて、とても大変な仕事なんだなぁと感じました。

kumamoto201405_02.jpg
≪ 熊本城 ≫

城からの眺めも素敵でした。ガラス越しじゃなく視野がひらけて素晴らしい。
風も感じられました。そして休憩処でお抹茶を。注がれている焼物が熊本で
有名な小代焼だ、と見ただけでわかるケータ君。飲み終わって器を逆さまに
すると、たしかに「 小代 」の文字がありました。勉強になります。

kumamoto201405_17.jpg
≪ お抹茶 ≫

城をほいほいと見学( 次の日にバシタカにえらくダメ出しをされるくらい男二人
で適当にほいほいと見学。とはいえバシタカのうんちくを聞きながら城内を巡った
りしたら一日あっても終わらないからこのくたいでグッド☆ )してから今度は近く
のお土産屋へ。豆腐のみそ漬が美味しかった。チーズ豆腐?と言うんでしょうか、
本当に絶品でお土産に二本買って帰りましたがお母んにも好評でした。

kumamoto201405_07.jpg
≪ 昔の井戸 ≫

それから街をぶらり。熊本市内は路面電車が盛んに走っていて、私の住む
大塚駅にも都電荒川線という東京で唯一の路面電車が走っているので親近
感ハンパないです。使われている車両も似ていますが、熊本の方がデザイ
ンが多様でオシャレですね。あ、街をぶらぶらしていたら有名な鶴屋百貨店
も見れました。秘密のケンミンSHOWで知った知識ですがランドセルの売上
げが全国トップ3とか(笑)

kumamoto201405_12.jpg
≪ 路面電車 ≫

車で温泉に入りに行ってスッキリしてから、夜はケータ君の友人が経営している
TORTACOSというメキシコ料理屋へ。テキーラにもたくさんの種類があって、少し
教わりながらガッツリ飲んで得た知識はどこへやら。なんだか楽しい夜でした。
ラテン系?の店長さんもなんか素敵なホイホーイでした。ホイホーイが何かよく
わかりませんが私の日記にそう書いてありました(笑)

ほろ酔いでケータ君にホテルまで送ってもらってそこでバイバイ。やっぱり泊めて
もらえば良かったー!と自分で断っておきながら少し後悔。寂しくチェックイン。

kumamoto201405_24.jpg
≪ TORTACOS ≫

とりあえず、チェックインだけ済ませて近くをぶらぶら。何も無いような駅で降りて
ぶらぶらしてばかりの私ですら、本当に何も無いなと思えるくらい何もない熊本駅
周辺でしたが、ぶらぶらしていたらお腹が空いたので熊本駅にあった熊本ラーメン
の店でラーメン。まるうまラーメンという、〇の中に馬という漢字が描かれたマーク
が目印のただのラーメン屋でしたがそこそこ美味しかった。駅のお土産屋で何が美味
しいか聞いたら冷やしかまぼこと馬刺しの燻製を薦められたので、冷やしかまぼこを
たんまり買ってホテルへ。

kumamoto201405_23.jpg
≪ まるうまラーメン ≫

寝て起きるだけだから風呂さえあれば良いとクソ安いホテルに泊まったら設備
が酷いホテルでした。次回は倍の値段でマシなホテルに泊まります。涙

おやすみなさい。おはようございます。

九州二日目。かなり熟睡してしまい起きてすぐチェックアウトして熊本駅へ。
バシタカと 9時に合流して、ここからバシタカによる熊本案内。

kumamoto201405_21.jpg
≪ 二日目は路面電車からスタート ≫

バシタカは大学( 神奈川県川崎市にある某大学 )の後輩で、私の友人で一番と
言っても過言ではないほど博学で、だからもちろんお喋りで、だからやはり変人
で、だから一緒にいて面白いですがたまに疲れます(笑)

kumamoto201405_13.jpg
≪ 役所からの眺め。なかなか良い眺めなのでオススメ ≫

まずは区役所?市役所?から城を眺めました。人がいなくてガラガラでしたが眺め
は良かった。区役所の窓が汚かったのが残念ですが一番 城らしい城を見る事ができ
ました。続いて、熊本城へ行き、熊本城を横目に加藤神社へ。九州愛に満ちている
バシタカ曰く、熊本へ来たら加藤神社から熊本城の大小天守、宇土櫓の 3つを同時に
見ることができるスポットは必須らしいです。とりあえず参拝して御守りを。今も
財布に大事に入れています。

kumamoto201405_03.jpg
≪ 加藤神社からの眺め ≫

街を歩いていると加藤清正像やおてもやん像にも会いました。それからデパートで
太平燕を食べました。バシタカ曰くこの店、中華園が太平燕の発祥らしいです。あ、
太平燕ってのは熊本県民のソウルフード( ご当地グルメ )で、春雨スープというか
ラーメンの春雨版ですがとてもあっさりしていて美味しいんです。

kumamoto201405_18.jpg
≪ おてもやん像 ≫

一番有名な紅蘭亭の店内で食べたかったけど新幹線の時間を考えると開店時間
がマッチしませんでした。ケータ君に冷凍でこれでもかと大量に送ってもらった時
にたくさん食べたので( めちゃくちゃ美味しかったので )紅蘭亭はそれで満足した
ので、別の店でも食べてみたかったのでナイス選択でした。個人的には中華園より
紅蘭亭の方が好きかな。

kumamoto201405_08.jpg
≪ 中華園 ≫

デパ地下でワインを買ったりしていたら新幹線の時間がぐいぐい迫ってきていたので
急いで二人で熊本駅へ。せっかくバシタカが予約してくれたのに乗れなかったら勿体
無い。いそげいそげ。

熊本県といえば、クマモン、宮本武蔵、いきなり団子、熊本城、通潤橋、カラシ蓮根、
馬刺、草千里、 阿蘇山、カラシ蓮根、本妙寺の加藤清正像、熊本ラーメン、路面電車、
太平燕、黒川温泉、鶴屋百貨店でしょうか。それなら残るは通潤橋だけですね。次回
こそ行きたいです。

kumamoto201405_10.jpg
≪ 新幹線内 ≫

路面電車で熊本駅へ戻り、いきなり団子と馬刺の燻製を食べながら新幹線で熊本駅
から博多駅へ。隣で福岡駅ではなく博多駅という名前になった経緯を熱心に語る
バシタカの声に耳を傾けながら長閑な風景で目を休めました。やっぱりこういう
風景って良いですね。そしてアッと言う間に博多駅へ。馬刺は燻製でしたが
美味しかった。

食べてばかりの中編へ続く・・・。

kumamoto201405_20.jpg
≪ 九州新幹線! ≫

まったく関係ないですが、サンリオのキャラクター大賞の結果発表がありましたね。
1位がハローキティじゃないことに驚きましたがマイメロは人気というか熱心なファン
が多そうですから納得の結果かも。http://sanrio.eng.mg/fa516
posted by taca at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 【旅行】九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。