2012年01月10日

映画の感想A

一昨日に引き続き、映画の感想を 2つ。

___FG_3.JPG

昨夜もウチで飲み会。2012年になって 9日間で家飲みが 3回目・・・ハイペース
過ぎます。 元々飲むはずだったメンバー 4人のうち 2人が欠席でしたが、洋輝
が連れてきた北村君とヨシカズ君に加え、ちかちん、すーちゃん、さやちゃん、
王子、パルパル、と楽しいメンバーで飲めました。誰かさんのせいで卑猥な話
が多かったですが、大いに笑わせてもらいました。

18時に乾杯したのに、全員 23時半過ぎまで居座るという。楽しい時間はアッ!
と言う間とはいえ、6時間は長かった・・・(笑)

さて、話が脱線しそうですので元に戻しましょう。映画の感想を 2つ。

__nag87212.jpg

『 白夜行 』

東野圭吾 原作の長編ミステリーの実写映画化。映画は 2011年上映ですが、
既に 5年前にドラマ化されていますがドラマは超秀逸でした。あ、ドラマ版
の感想こちらに以前書きました。⇒ Click!! 

以下、映画版の感想を書かせて頂きます。

曠世之才が生んだ原作 『 白夜行 / 東野圭吾 』 が素晴らしく、またドラマが
秀逸過ぎたせいか、この映画を酷評し難じる人が多いですが、たしかに酷い
です。特にドラマで 約 400分という長い尺で描写された二人の所業を、映画
の 150分という尺に押し込めるのは無理がありました。動員 10万人以下とい
う数字が明らかにしてくれたこの失敗作は、9人のプロデューサーと 4人の
脚本家、そして監督の責任かと思います。こんなにも多くの人の手が加わっ
たせいか大事な部分が削がれ、無駄が大変多かった。この物語の要所を、映画
だけ観た人がちゃんと理解出来たのだろうか。否、むしろ無理でしょう。

そして理解している、原作を知っている人にとってこの映画は、安いサスペ
ンス劇場に成り下がってしまっていた。猜弐と秋霜とが渦巻く・・・何とも言い
難いこの物語を全く違うものにしても構わないけど、その重厚な雰囲気は残
して欲しかった。

雪穂役は、堀北真希( ドラマ版では、綾瀬はるか )。
桐原亮司役は、高良健吾( ドラマ版では、山田孝之 )。

ドラマ版の綾瀬&山田が素晴らしかったせいか、掘北&高良はそこそこな
評判ですが、個人的に堀北真希の存在感は素晴らしかったです。全体的に
緊張感がなかったのは演出のせいでしょう。高良健吾は・・・悪くないけど、
山田孝之は別格ですわ。

キャストで論外だったのは、船越英一郎でしょう。重厚感が無く安っぽい
芝居。特にラストシーンの 「 父親発言 」 で愕然としました。彼がこの映画
を台無しにしたと言っても過言ではないでしょう。

__nag82.JPG

『 裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』

北尾トロのエッセイ作品 『 裁判長!ここは懲役 4年でどうすか 』 を実写化した
映画作品。バナナマン設楽が主演。ヒロインは片瀬那奈。もっと社会派映画に
なると思っていたのですが、コメディ映画になっていました。まぁ裁判所って敷居
が低く、エンターテイメントとして楽しめますよ、というメッセージ性のある原作が
基となっているので、コメディは悪くないのですが、あくまで原作は、裁判所とい
う厳粛な場という前提があるため笑えるのですが、この映画作品では・・・そこま
で裁判所の雰囲気が伝わってこないせいか、ただのコメディに成り下がってしま
っていました。クライマックスも全く笑えませんでした。

裁判所、という日常とは逸脱した世界を垣間見れるエッセイの映画化なので、
実際に裁判所で傍聴をしている疑似体験をさせてくれると期待していたのです
が、あまりにも 情報量が少なかった。この映画を観た人が全員、「 明日にでも
裁判所へ行って傍聴してみよう 」 と思えるほどの有意義の伝達と、それを実行
出来る程度の知識を与えて欲しかったです。「 誰でも傍聴可能 」、「 傍聴席は
定員がある 」、「 立ち見禁止 」、「 私語厳禁 」、「 服装自由 」、のような誰でも
知っている知識くらいしか得られない作品です。片瀬那奈が可愛かったのと、
僕が原作とバナナマンが好き、という点では観る価値はありました。

コピー_10730.jpg

映画 『 八日目の蝉 』 の感想は明後日にでも書きます。
posted by taca at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『 裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』は完全に期待外れでしたね。
まさかストーリー物になってるとは知らずで観たせいか、
感情移入してしまって、オチで笑うというよりもガッカリしましたよ。

白夜行は、なんか妹が可哀想だった。。。
Posted by もつ煮 at 2012年01月11日 01:48
そうそう
タカさんお勧めだったから、八日目の蝉をいま読んでるよ!
映画きになるから感想教えてくださいませ。

充実した三連休みたいだねヾ(´∀`*)ノ
飲み会またあればぜひ誘ってね〜!
Posted by まりりん at 2012年01月11日 02:47
夕べはありがとうございました

丁度、なつかしくドラマ『白夜行』を見始めたとこだったの。
映画見てから、、お口直しにドラマ、、だったかなぁ、。

『裁判長〜、、』は原作もイマイチハマりきれなかったのょね
ぢゃ、映画は、、いっか。
コメントにある『八月の蝉』は映画で俳優が素晴しかった分
演出がほわっとしすぎてて、、、
原作を読んでみる事にしまーす

今更ですが、今年もよろしくぅ!
Posted by sasuke at 2012年01月13日 02:09
> もつ煮 さま
『 裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』 はたしかに期待外れ。
私も、まさかストーリー物になってるとは!と驚きましたw
白夜行は、突然現れた妹がたしかに可哀想だった。
脚本誰が書いたかよくわかりませんが( 何人もいて )、
これはないわ。本当にそう思いました。

> まりりん さま
八日目の蝉、感想聞かせてね〜☆
映画の感想は、原作読み終わってから、読んで下さいね☆

> sasuke さま
いえいえこちらこそ素晴らしい演奏ありがとうです!
ドラマは最高だよね、白夜行。映画はガッカリでした。。。
『 八日目の蝉 』 は映画の方が面白いかもしれませんwww
Posted by taca at 2012年01月15日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック