2011年12月17日

借りぐらしのアリエッティ

TVで放映していたので、『 借りぐらしのアリエッティ 』 を観ました。
言わずと知れたスタジオジブリの長編アニメーション映画作品です。

_____oowpo02.JPG

スタジオジブリの二枚看板である 宮崎駿 × 高畑勲 が監督した作品以外は
パッ!としない作品ばかりのスタジオジブリですが・・・この作品もつまらない
映画でした。でも、好きか嫌いかで言えば好きかな。ポニョやゲドに比べ
たら・・・ですが。

比較してはいけないのでしょうが、『 風の谷のナウシカ 』 や 『 天空の城ラピ
ュタ 』 のようなぶっ飛んだ発想も、ワクワクする冒険も、ハラハラする展開
も神秘的な描写も無く、淡々と観終わってしまった。ジブリって記憶に残る歌
がある作品が多いのですが、どんな歌が使われていたか全く記憶に残って
ません。声優が一番酷い。絵やアニメーションは確かに綺麗だったけど・・・
そこは逆にどうでもいいんですよね。

近藤喜文が亡くなった後、もうマトモな監督が残っていない。ジブリも人気
があるからなんとか持ち堪えてますが・・・作品が良くなくても観客動員力が
ありますが・・・本当にそれで良いのでしょうか?やっぱり僕には、鈴木敏夫
プロデューサーのやり方が合わない。このままで、スタジオジブリに未来は
あるのでしょうか。宮崎駿は最近のジブリ作品を好き好んでいるんだろうか。

_____0de02.JPG

今日も寒いですね・・・そして冬はリップが欠かせませんね。全てのバッグに必ず
入れていたり、会社のデスクにも入れてあるので、10本以上は持っていますよ。
これは、「 忘れた → 買う 」 を繰り返した結果です(汗)
posted by taca at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

アリエッティが魔女の宅急便やトトロの前の作品なら、
これはアリでした。むしろ素晴らしい作品と讃えていた。
でも2010年の作品でこの内容では、ジブリは成長していない、
としか思えない。なんとも薄い作品でした。キャラも全て薄い。

私も近藤さんが逝去した時にジブリは終わったなと思いました。
Posted by キララ at 2011年12月17日 11:16
アリエッティもコクリコ坂も面白い映画でしたが、
「 ジブリの映画 」としては、確かにうーん・・・
といった感じでした。

幼いころに魔女の宅急便や紅の豚とかだった世代なんで、
これが思い出補正ってやつでしょうか。
Posted by やんぼう at 2011年12月18日 20:42
> キララ 様
あーそのものズバリ同感です。斬新さというか、これまでを知って
いるからこそ、退化とまでは言いませんが、進化が見えなかった、
のかもしれませんね。題材が素朴で悪くないのですが。

> やんぼう 様
面白いアニメ、ではジブリとしての期待には応えられないですよね。
ジブリは過去の作品の発する輝きが全く消えていないので・・・もう
宮崎と高畑がいなくなったら、ジブリは終わりですね。間違いなく。
Posted by taca at 2011年12月20日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック