2012年10月13日

大塚炎上6(中編)

私は実験において 失敗など一度たりともしていないこれでは電球は光ら
ないという発見を今までに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、所謂
労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。
( トマス・エジソン )

__proj_203.jpg
≪ TOKYO SICKS Project ≫

年に一度の一大イベント『 大塚炎上6 』 が終わってちょっと日が経って
しまいましたが、当日の内容について書かせていただきます(笑)

あ、( 前編 )にも写真何枚か載ってます☆

__proj_208.jpg
≪ TOKYO SICKS Project ≫

9月 29日(土) 大塚炎上当日

当日は急遽決まったシンガポール出張( 翌日から一週間 )のせいで来週
の分の諸々がリスケになったり締切が迫っているので即日提出になったり
と調整すべきことが多すぎて、忙しくしていたらアッと言う間にお昼。急いで
大塚へ。直前で電車が行ってしまいまさかの遅刻。すいませんでした。

__okokon3.jpg
≪ アインシュタイン ≫

会場は大塚駅徒歩 4分ほどの大塚deepa。山手線の駅から近いのは
来場者にとって嬉しいという勝手な思い込みと、何より大塚という駅に
魅力を感じて 6回連続この街で開催させていただいてます。

12時からミステリアス LOVEのリハーサル。そして他のバンドも順番
に時間通り来てもらえて、リハは概ね順調でした。どのバンドも趣向
を凝らしていて、レベルも高くてわくわくがドキドキでした。いやぁあの
リハしてる時間てやばいくらいニヤニヤしちゃいますよね(笑)

ランチは菊さん( scarf )とポケモンと 3人でいつもの蕎麦屋で蕎麦
をもぐもぐ。不思議と緊張が無いのが不思議(笑)

__okokon2.JPG
≪ アインシュタイン ≫

15時 50分に顔合わせをしてから、16時に時間通り開場。開演までの 20分間
ずっと受付に列が出来ていて嬉しい限りでした。

そして、16時20分に一番手の 「 アインシュタイン 」 が演奏開始。前回に引き
続きの相対性理論のコピーバンドですが、クオリティが UPしていました。そして
ステージングの全てを忠実に再現しているため MCが短く、その時間を演奏に
充てて次々と演奏しました。先陣に相応しい実力派に育ってきましたね。

__saitriron_5.jpg
≪ 斉藤性理論 ≫

続いて、谷川君率いるバンド「 斉藤性理論 」。名前だけ見ると相対性理論
のコピバンかと思われがちですが、マニアックな層を突いたアニソンバンド
でした。出オチですと聞いていたのにすっかり忘れていて、幕が開いた瞬間、
笑ってしまいました。この衣装にいくらかけたのでしょうか。最初から観れ
なかった方は残念でしたね。

まどか・マギカを知らない方でも、ベースが気持ち悪かったので見て楽しか
ったと思います(笑)

__saitriron_3.jpg
≪ 斉藤性理論 ≫

けいおん!にもハルヒにも走らずに、それでもガッチリと固めた感があり
ます。少しマニアックな選曲でしたが、お客さんもしっかりついてきて、
とても盛り上がりました。

客席のキテ君( クロミス ノタタ ノタタ )が一番楽しんでいた気がします。
ちゃっかりアムロの連邦軍時代の制服に身を包み、ステージの下にいる
のにモノマネを披露したりと、彼は本当に目立ちたがり屋ですね(笑)

__momoirof_1.JPG
≪ ももいろフレーバー ≫

3番手に登場は、「 ももいろフレーバー 」。何のコピーかは言わずと知れ
てますね。「 長門はみんなの嫁です。 」 ⇒ 「 初潮エクスプローション 」
と進化を続けた常連バンドから長門という中軸が抜けて、今回はリニューアル
されてももクロをコピーしました。1人抜けて 3人増えるという大幅な増強
が成されているせいか、演奏がガッチリでした。そしてフロントの 3人が
がっつり盛り上げました。このバンドの次って出順としてオイシイですね。

__momoirof_2.JPG
≪ ももいろフレーバー ≫

ももクロのコピバンではあるけど、色々な曲を織り交ぜたり、ダンスの
パターンを変えたりと観客を飽きさせないような工夫が散りばめられて
いて、普通にエンターテイメントとして完成されていた気がします。フロ
ントの 3人が歌って踊って盛り上げて歌って踊って大変そうでした(笑)

__proj_205.jpg
≪ TOKYO SICKS Project ≫

4番手は「 TOKYO SICKS Project 」。その名の通り、TOKYO SICKSの
3人にドラマーにして饒舌なアピールドラマー太一さんを加えての見た目
から豪華というか粗暴というか、期待溢れるバンド。不死鳥がチュッパ
チャップスを加えてるのが本気度を感じさせました(笑)

__proj_204.jpg
≪ TOKYO SICKS Project ≫

イベントが盛り上がりをみせている中にぶち込まれた何度目の登場か
わからない彼ら。めっちゃカッコイイ、かっこ良過ぎなラルクのコピー
バンドでした。盛り上がりもハンパなかった。一曲ずつに対する客の
レスポンスもハンパなかったです。

近日中に動画を UPしたい、、、します。たぶんします(笑)

__proj_209.jpg
__proj_210.jpg
≪ TOKYO SICKS Project ≫

後編へ続きます。。。
posted by taca at 16:52| Comment(4) | TrackBack(0) | コピバン企画「炎上」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真見れて良かった!今度は行きたいな!

タカにも久々に会いたいぜ
Posted by スケキヨ at 2012年10月14日 00:04
こんにちは
お疲れ様でした!
初めて観に行ったのですが
とても楽しかったです!
また行きたいと思います。よろしくお願いします!
Posted by ヒロ at 2012年10月14日 13:13
お疲れ様です!!

そうそう、「実験」ばかりしてれば
正にこのとおりでね、
でも、現実には、こんな考えを持ってない人達と
「仕事」として「実験」をしなくてはいけなくて、
その「仕事」のおかげで
炎上に参加できなかった「事実」
…という、愚痴終了。

予想はしていたけど、
TOKYO SICKSめちゃくちゃカッコいい!!
tacaさんの写真で堪能できたただけでも
本当に嬉しいです〜☆
Posted by Gut's at 2012年10月15日 00:10
> スケキヨさま
今度があるなんて思うなよ!!笑
タカさんにはいつでも会えるけどねw
でも尻は叩いちゃダメですよw

> ヒロさま
こちらこそ。また是非観に来て下さい。ませ。
来年の今頃にまた開催すると思います多分。

> Gut'sさま
TOKYO SICKS含め、全バンド観る価値大でしたよ!!
ま、東京は遠いですから、無理はなさらずにね。
また、来れる時に是非おいで下さいませ。
Posted by taca at 2012年10月16日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック