2013年02月15日

映画 『 横道世之介 』

映画 『 横道世之介 』 を観てきました。2月 23日公開の映画です。
つまり試写会を観てきました。

__yokomitiyonosuke.jpg
≪ 横道世之介 ≫

原作の小説『 横道世之介 / 吉田修一 』 は読みたかった作品の一つで、実写映画化される前に読もう読もうと思っていたのですが、『 ランドマーク 』を読んでから( つまらなくて )吉田さんから離れてしまい、未だに読めていませんでした。ただ、吉田さんの作品が実写化されると、例えば 『 悪人 』 も 『 パレード 』 もですが出来が素晴らしくて、だから今回の作品も素晴らしいと期待して楽しみに観に行きました。

あらすじは主人公( 横道世之介 )とそれを取り巻く友人達の青春を描いた作品です。この青春という言葉って楽しさや甘酸っぱさ、色々な初体験や失敗、辛さや悲しみなど色々な感情や出来事や趣が含まれている言葉で、それら全てを一つに集約されているから甘美に感じるのでしょう。

キャストは、高良健吾( 横道世之介役 )、池松壮亮( 倉持一平役 )、伊藤歩( 片瀬千春役 )、綾野剛( 加藤雄介役 )、朝倉あき( 阿久津唯役 )、吉高由里子( 与謝野祥子役 )、黒川芽以( 大崎さくら役 )、余貴美子( 世之介の母役 )など。監督や主題歌の話は特筆すべきでないので割愛。以下、私の感想をなぁなぁで呟きたいと思います。

レトロな描写が上手いなぁ現代と過去の切り替わるタイミングが秀逸だなぁ笑えるシーンが多いなぁギャグを狙った映画よりずっと面白いなぁ朝倉あきがめっちゃ可愛いなぁ大学生活懐かしいなぁそうそうサークルの勧誘こんなだったなぁ伊藤歩は相変わらず綺麗を纏い保っていて素敵な 32歳だなぁ( 私と生年月日が全く一緒なので無条件で応援している女優の一人です )雪が積もるの早すぎだなぁ面白く笑える映画だなぁ吉高由里子は嫌いな女優だったけどこの作品で好きになったなぁ役が良いんだなぁ高良健吾は役が良すぎて演技だけみたら及第点だなぁ終わり方が良かったなぁ長崎に行きたくなったなぁ160分と長かったけどもっと観ていたい映画だったなぁ一番好きなキャラは加藤だなぁ(笑)

感想は以上です。試写会の会場は新橋駅のほぼ目の前で会社からも 7分で到着とナイス場所でしたおかげで間に合いました本当に良い映画でした映画館で観て欲しい映画でした原作も読んでみたいと思います。
posted by taca at 19:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これめっちゃ観たいんです!!
Posted by ラデゥツ at 2013年02月15日 23:15
14日に横道世之介の試写会いってきましたよ〜!

笑える映画っていいですよね。
横道世之介、好きな映画です。
Posted by わたる at 2013年02月16日 23:00
> ラデゥツ様
この名前なんて発音するの?笑

> わたる様
かなり近い場所で同じ映画の試写会を観ていたんですねw
かなり笑えました。でも最後、泣けました。
Posted by taca at 2013年02月22日 01:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322599294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック