2013年05月04日

舟を編む

映画『 舟を編む 』を観てきました。

__afafa.jpg
≪ 珍しくパンフレットも購入 ≫

原作は女性ファッション雑誌『 CLASSY. 』で連載されていた小説の書籍化
『 舟を編む / 三浦しをん 』である。2012年本屋大賞にも選ばれた名作、
と言われているが実は未だ読んでいなかった。でも映画は上映期間が限ら
れているので、って言い訳がましいからやめよう。観てきました。

どんな話か一文で話せるのですが、この物語は知らないで観た方が面白い
ため、タイトルはどういう意味なんだろうと知らないまま映画館へ是非と
も行って欲しい。全ての人に観て欲しい傑作映画です。体感してきました。

松田龍平は良い。やっぱり彼は大好きだ。間と空気感が何者か忘れるほど
良かった。宮アあおいがミスキャストだった。何か違う。演技は上手いが
『 神様のカルテ 』のイメージそのまま引きずってる感があって残念だった。
オダギリジョーも良かった。ただちょっと年齢に無理があった。

監督の石井裕也氏を見直した作品となった。ただ、又吉直樹( ピース )が
出ていたのは残念だった。あれで一気に「 なんだ。 」と悪い意味で映画作
品としての質が下がった。『 シンドラーのリスト 』を観ていて急にヒデキ
松井が出てきたような気分になった。松井は好きだけど。

映画としては兎に角、オススメします。パンフレットが通常の映画よりも
少し高い価格設定でしたがそれでも迷わず買ってしまったほど。上映期間
中に映画館へ是非。今、これまた上映中の『 モンスター 』と同じくらい
オススメします。

__hunewoa_1.jpg
≪ 今、欲しい本 ≫

最近、海堂さんの本をまた読み始めました。輝天炎上までに読まなきゃ
いけない本がたくさんありますが、螺鈿迷宮だけ読んで輝天炎上を手に
取っちゃおうかなんて考えてます。実行しませんが!着実に読みますが!
posted by taca at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
輝天炎上まだ読んでいないんですか?
すこぶる震えるので安定した場所で読んで下さいね!
あ、もちろん書いているように螺鈿を読んでからの方が
すんなり入って楽しめますね。ケルベロスも一緒に。
あ〜本当にバチスタシリーズは面白いですね。
Posted by Radwip at 2013年05月04日 01:23
おひさしぶりです。
いつも大変面白いおかしく読ませてもらってますよ。
舟を編む、舟を編むってことは無人島の話?
ってそういうわけじゃないんだよね?
宮崎あおいと無人島じゃなんか違うし。
気になるけど最近、映画館へ行くのが億劫なので
一緒に行ってくれる美人さんも映画みたいに紹介ください!←
Posted by とっぷ at 2013年05月04日 03:37
舟を編む、わたしも観ました!
松田龍平とオダギリジョー良かったですよね。

いままで辞書って特別枠というか、ぜんぶ同じことが書いてあると思ってたんです。
だけど載っている単語が違ったり用例や語釈が人によって違ったりするなら、
本としてひとつの作品だなぁって。
辞書、読んでみようかなぁと思いました(・v・)
Posted by ちろ at 2013年05月04日 10:17
> Rdさま
バチスタシリーズ(桜宮サーガ)はほんま面白いですよね。
早く両方読みたい。早く両方読みたい!!

> とっぷさま
無人島の話ではないです。編むってところがポイント。
映画と女性は似て異なるものですよwww

> ちろ様
オダギリがうまく平凡さを出してましたね!!
じゃあ辞書部を作りますか、辞書部!笑
Posted by taca at 2013年05月18日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358591884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック