2014年05月27日

夕暮レトロニカ解散

3日前の 5月 25日に、この日が来てしまったという気分のまま、
夕暮レトロニカの解散ライブを観てきました。

_kaisanret_3.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

クラムボン好きの 3人が知り合って結成 8年で解散。短すぎるようで長か
った。結成 1年目でしょうか下北沢GARAGEの PAのあいかが私の飲み会
に岡田ピローと徳山君を連れてきた時からの仲で、もうあれが 8年も前の
こととは思えないくらい最近のことのようです。懐かしい。

あの日、もらった音源を、夕暮ノスタルジーを聴かなかったらこんな思いは
しなかったのでしょう。何度も何度も彼らの曲が聴けて最高な数年間だった。

_kaisanret_6.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

行きたくないな解散見たくないなと思いながら下北沢ERAへ。ずいずい前へ。

シシカバブ、夕暮ノスタルジーを聴いた時に震えて、傘、幽霊部員、もうこれ
でもかってくらいの名曲のオンパレード。全てが名曲。クラムボンもスピッツ
も Cymbalsも UNICORNも好きだけど、夕暮レトロニカが一番好きだって、
きっとみんな思った。そんな一瞬がずっと続いた 2時間だった。

空気ラジヲが何気に大好きだから歌ってくれて嬉しかった。


≪ 検索エンジン / 夕暮レトロニカ ≫ *動画です。

検索エンジンは歌詞と疾走感が好き。夕暮レトロニカらしい曲じゃないけど
彼らは型にはまらないから彼らなんだって何度も気づかせてくれる。そうだ
まだ、Soupnote、ピロカルピン、wacci、解散して欲しくないバンドがあるじ
ゃないか、それらが長続きするために応援しないと!と改めて思った。

_kaisanret_5.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

夕暮レトロニカが好きになれたのはとてもラッキーなことだ。生まれてきて
成し遂げたことは、きっと死ぬ時にほんの少ししか無いのかもしれないけど、
生まれて良かったなと思えることはきっといくつかある。その中の一つが、
夕暮レトロニカに出会えたことだって思う。

アー写も撮りました。良い思い出。
http://fotologue.jp/kimeda/#/12267346/12267374
http://fotologue.jp/kimeda/#/12267346/12141977

_kaisanret_2.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

岡田ピローはかなり年下だけど本当に尊敬している。良い曲を書く。良い
詞を書く。オリジナルという言葉は彼のためにあると思えるくらい彼にし
か作れないものを作る。

たくさんの人が観に来てました。下北沢ERAがぎゅうぎゅうになりました。
25曲くらいでしょうか。ガッツリ演りました。何回聴いても飽きない曲を
何曲も、これが最後だと思いながら、噛みしめながら聴き惚れました。

徳山君の挨拶でたぶんみんな泣いた。最高の言葉だった。

_kaisanret_4.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

終わった後、3人に挨拶してハコをあとにした。HEREの宮野さん宅で軽く
飲んでから帰りました。小一時間でしたが楽しかったです。

帰りの電車で一人になった瞬間、また泣いてしまった。本当に惜しいバンド
が解散してしまった。再結成して欲しいバンドの 1位が夕暮レトロニカになり
ました。2位はアンデモ、フーバーオーバー、ストレンジヌードカルトと続いて
Cymbals、ズータンズと続いていくんですかね。また観たいバンドが多すぎ
る。切ない。

_kaisanret_7.jpg
≪ 夕暮レトロニカ ≫

夕暮レトロニカの 3人、お疲れ様でした。これからの活動に期待します。
posted by taca at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE撮影 ( 2014 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は一回つれていってもらっただけですが、
解散するって知っていたらもっと観に行けば良かったと、
月並みな、言い方を変えると薄情なファン心理でいて、
たいへん恥ずかしい人間だなぁと自分を恥じています。

とても好きでCDもたくさん聴いていて、
スピッツやラルクと同じように観に行こうとは
思わないけど頻繁に聴いていました。

今後、新しい作品が生まれないのは残念ですし、
何か素晴らしい音楽に対して還元したかった気持ちで
いっぱいです。

解散ライブも行きたかった。
Posted by Rapi at 2014年05月28日 15:20
> Rapi様
本当に悲しいことだけど、またここからみんなが
一歩を踏み出せれば良いなと、本当に思います。
俺もめちゃくちゃ聴いてめちゃくちゃ好きだけど、
何でどう彼らに貢献できたのか、わからないです。
でも、子供にも孫にも聴かせたい音楽だと確信してます。
Posted by taca at 2014年06月12日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック