2014年10月29日

MINAMI WHEEL( 中編 )

前編の続き。ライブの内容に特化して書きましょう。最初に書いておきますが個人的な
言葉( 感想 )と、文字だけで表現するためにわざとわかりやすく何かに例えている言葉
を出したり、聞こえは悪いけど適切な表現にしていたりします。あらかじめ御容赦下さい。
前編はスマホの写真を貼りましたが今日はバンド紹介を兼ねて動画を貼っていきます。


≪ リスタート / wacci ≫ *動画です。

初日。まずは、ぽわん。Voのヨシヤマモエが、タカユキカトー率いるひらくドアの
メンバーで、そちらでは何度も観ていましたがぽわんとしては初。最近の噂どおり
のパフォーマンスでした。楽しい。ただ、想像を上回るほどではなかった。つまり
度胆は抜かれなかった。

あ、今回のミナホでこのぽわんだけ、唯一入場規制に引っ掛かりました。wacciと
CURIOも入場規制になりましたがあらかじめ入場していたのでセーフでした。とに
かくそれくらい人が多く熱気がありました。初見の方が多かったせいか盛り上がり
には少し欠けますが。

続いてユビキタスを観に行った。通信会社社員としては気になるバンド名です(笑)
大阪のバンドで 3ピースとしか情報がなかったが、聴くと少しエモいロックバンドで
もう少し若い時だったらかなり好きになってたと思います。今はこういう歌詞とかは
ちょっと聴かない。flumpoolや Galileo Galileiが好きな人は好きかと思いますし、
ワンマンとかあったら 3ピースで飄々とやってのけそうな勢いがあって面白そうなの
で観てみたいかも。



続いて、DraftKingを観た。バンド名すら知りませんでしたが、元ステレオポニー
のメンバーからなるガールズバンドと聞いたので、ステレオポニーってけっこう好
きだったので観に行きましたが想像以上に良かった。ライブが上手い。空間を制す
るのが上手い。ベースとドラムがくそ上手いと思って観ていたらやはりその二人が
ステレオポニーのメンバーだった二人でした。

バンドの方向性?は好きなジャンルではないのですがライブに音に圧倒されました。
ガールズバンドでこんなに上手いのは魅了されて当然。LoVendoЯに似た雰囲気だ
なと思ったら、一緒に対バンなどしているようです。確かにお客さん層は近い気が。
また観に行きたいと思えるバンドでした。近々行ってきます。

観終わって外に出てラーメンだ!ずんどう屋だ!と向かおうと思ったら、三角公園
で小さいイベントがやっていて、まったく興味ないジャンルの音とそういった服装
の人達が集まっていたので通り過ぎようとしたら、スケちゃんが「 アレ、GAKU-MC
じゃね? 」と言うので見たら、GAKU-MCがパフォーマンスしてました。お客さんも
30人くらいしか観ていないこんな場所で(汗)


≪ ステレオラブ / ワタナベマユ ≫ *動画です。

ラーメンランチしてから、蟲ふるう夜にへ。曲とか好きな感じでしたがライブで観る
感じのバンドでは無い印象。家で音源が聴きたいバンドで音源欲しくなりました。もう
一回観たら印象が変わりそうなバンドでした。

続いて、ワタナベマユ。時間に余裕があると思ってのんびり歩いていたら 1曲目が
既に始まってました。LIVEは説得力のある歌声とバンドの一体感というかまとまり
が素敵なバンドで見惚れました。ワタナベマユというアーティストを観にきたので
すが、バンドとして音がドン!って。一体感と書きましたがガッチリはまっているわ
けではないんです。でも、音に音を重ねている感じがとても楽しそうでまとまり方が
まとまっているからこれが音楽なんだぞと諭されているような、飛行機よりも大きな
飛行船ってあるんだぜって言われて、嘘だ〜と決めつけて、空を見ていたら大きな
飛行船を見て、いっぺんに納得してしまったような。すいませんすいません超楽し
いです!あはは!みたいな感じでした。マユさんの歌声が肩の揺れ方が今も目に
焼き付いています。声が箪笥ボーイのゆん様に似てました。ゆん様の若い時はこんな
感じだったのかな?なんて考えながら観てました。音楽のジャンルは少し違えど。

ドラムを shiori( ex.Merpeoples )が叩いていましたが、とても楽しそうでした。3ピ
ースって楽しそうが楽しそうに乗ってやってきますよね。だから楽しそうなんですね。


≪ 難攻不落ガール / 空想委員会 ≫

それから空想委員会へ。急がなくても大丈夫でした。そして想像以上に良かった。
新曲以外は知っている曲ばかりで、ライブの進め方や MCも初見でも各メンバー
のキャラクターをシッカリと伝えてくる和気藹々な雰囲気でした。LIVEに行くのが楽
しくなるバンドです。演奏力もシッカリと。余裕をもってやっている感じがいいです
ね。その後の天才バンドはもちろん良かったです。皆さんの方が詳しいと思うので
割愛しますが音が踊ってました。ドラムに魅入ってました。

続いて、もう今夜もあと 2バンドだなと思いながら北上して、ARKSを観ましたがこれ
も良かった。よくある女性ヴォーカルのロックバンドといえばそうですが、オリジナル
テイストのある曲とキャッチーな歌詞が良い感じでした。曲ごとにもう少し特徴がある
と面白いのですが、演奏の音と Voの声のイメージに少しギャップがあって聴き入って
しまいました。nobol と チャットモンチーを足してニで割ったようなバンド。若さが詰ま
った音。全部がグッとくるけど、全部がもうちょっと、という惜しいバンドだったので音源
買いました。5曲入りでしたが LIVEに近い音で捨て曲無し。良いバンドに出会えました。


≪ 呼吸すること / ARKS ≫ *動画です。

そして、初日のトリはピロカルピンを。大阪RUIDOは遠いのにお客さんも多く駆け
つけてました。もう何度も観ているバンドですが、この日はこれまで以上にという
と言い過ぎかもしれませんが、とても強烈なインパクトのある LIVEでした。かなり
前の方で観ていたせいかもしれません。RUIDOの独特な照明のせいかもしれま
せん。しんじろーの目の前で観ていたせいか、笑顔と普段のらしさがひとかけらも
ないキレッキレの演奏姿がいつもの三倍増しでカッコ良かったです。日本を代表す
るロックバンドって、実はこういうバンドなんでしょうね。メロディーも演奏力も
ドッシリとしていて、圧倒的なヴォーカルと斬新なギターサウンド。もっとたくさ
んの人に聴いて欲しいバンドです。

RUIDOで観たバンドって、RiceRiot、アーバンギャルド、ピロカルピン、とそれぞれ
個性の違うバンドですが、全てココで観た時のことがクッキリと思い出せるので、
ハコとして何か魔法をかけてくれるのかもしれません。そして貼る動画は迷った
挙句、虹の彼方に。踊れる曲。何度も聴いて何度も好きになる曲ですね。


≪ 虹の彼方 / ピロカルピン ≫ *動画です。

初日終了。長くなったので後編じゃなくて中編として、後編に続きます(笑)
posted by taca at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE 撮影 ( 2011 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407526801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック