2013年04月23日

北海道どうでしょう(後編)

ぼんやり書いていたらとても長くなってしまいました。中編を作ろうか
考えましたがプライベートな部分を割愛してなんとか収めました。また
所々脱線しますがお付き合い下さい。後編です。載せたい写真がたく
さんあるけど厳選して文章に近いものにさせていただきました。

__gag_20130404.jpg
≪ 祐稀くん( 生後 3ヶ月 ) ≫

「 北海道へ行く 」 のは旅行ではない。少し長距離にはなるけれど。

線引きが難しいのですが池袋も錦糸町も大宮も高崎も水戸も仙台も盛岡
も距離は遠いが行く「 理由・目的 」によって旅行かどうか決まると思います。
出張だからというわけではなくて。つまり旅行って気分の問題なんですよ。
家から60分、羽田空港からも飛行機で 90分という時間の壁はありますが
北海道は旅行ではなく、なんとなくのショッピングや散歩と同列な気がしま
す。今回は友人の新居に遊びに行く感覚でした。私にとってはサラリと入り
込めてしまう場所なのでしょう。

__gag_20130402.jpg
≪ ドライブ ≫

さて、北海道といえば何でしょうか。札幌時計台、カニ、イクラ、札幌農学校、
ウニ、雪まつり、流氷、マリモッコリ、じゃがポックル、HTBのonちゃん、牛乳、
水曜どうでしょう。、まりも、JUDY AND MARY、ソーセージ、ミドリカワ書房、
ハスカップ、六花亭、プリンシパル、函館山夜景、ロイズ、花畑牧場、GLAY、
成吉思汗、バウムクーヘン、大泉洋、札幌ラーメン、旭川ラーメン、登別温泉、
味噌ラーメン、白い恋人、スープカレー、北海道日本ハムファイターズ、雪、
北の国から、旭山動物園、熊、流氷。人によりイメージは違うのでしょう。

__gag_20130408.jpg
≪ 雪に埋まる ≫

共通して考えるのが「 やはり現地へ行ったら名産品を食べないと! 」と
いう気持ちでしょう。そしてそが希薄なせいか、私は未だに北海道でス
ープカレーを食べたことがありません。残念ですね。今回も食べません
でした。今回はラーメンも食べてない。成吉思汗も。あ、ソーセージは
3日間とも食べました。むしろ北海道のイメージはソーセージになりつつ
あります(笑)

__gag_20130403.jpg
≪ ドライブ ≫

美瑛?旭川?で食べた北海道で最初の食事はラ・マルタという落ち
着くお店で、メニューも机も椅子も丸太で出来ていました。ハンバ
ーグオープンサンドというメニューを注文しましたが、このバーガー
まじ大きかったです。食べ応えがありました。美味しかった!

__gag_20130401.JPG
≪ バーガー ≫

アユミとは出会って早八年くらいになるのでしょうか。もうずいぶんと
仲良くなりましたが、今回も本当にお世話になりました。いやいやそん
なに気を遣っちゃダメですね。そういう気を遣わない仲だから長く太く
付き合えるのでしょう。50年後も北海道に遊びに行くので焼肉食べて
ゲートボールでもしましょうね!笑

__gag_20130410.jpg
≪ ふきのとう ≫

あと、白金温泉の裏手にあったブルーリバー橋から見た青い川がヤバ綺麗
でした。前編にも写真が載ってるので是非。夏にまた来れば下まで降りれる
から連れてってくれるとアユミ父が言っていたので夏に行ったら見てみたい
ですね。行こうかな。年二回目の北海道。良かったら誰か一緒に行きます?

__ggagw_201304.jpg
≪ ブルーリバー橋から見た青い川 ≫

アユミ、父、母、妹、たっちゃん、( 妹の旦那さん )、ユーキ君、全く気遣い
せずにのんびりさせてもらいました。第二の故郷ですね寒い地方ですが。
笑焼肉も美味しかったです。いやほんまに値段は高かったけど量が多く
厚みがある肉でコスパ高く良い店でした。次回はジンギスカンも!

早くユーキ君の写真を仕上げて送らないとね。今週末に世界堂で
額を買ってきて大きく引き伸ばそうと画策中。恩は何か自分なり
の方法で倍返ししないと人生面白くないよね!(笑)

__gag_20130407.jpg
≪ 祐稀くん( 生後 3ヶ月 ) ≫

そんなこんなで楽しい北海道でした。寒さに震え雪に降られて
次の日は支笏湖でこれまた温泉だったのですが楽しかったけど
殆ど東京にいる時と同じような感じで特筆して書くことがなけ
れば写真も撮っていない始末(汗)ま、写真より記憶に残って
いますから!笑

__gag_20130405.jpg
≪ まさかまさかのケーキいただきました。ありがとう! ≫

とりあえず 4月から神宮球場のすぐ近くの会社を担当することに
なったので、ふらり神宮球場で野球観戦して帰りたいと思います。
と思ったら次に横浜DeNAが神宮で試合するのは 6月末、その次
は 8月末と当分先なんですよね。セパ交流戦なんてなくていい!
神宮が近いからもっと神宮で野球が観たい!涙
posted by taca at 04:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

北海道どうでしょう(前編)

さっき帰宅しました。皆さんが新ドラマ『 ガリレオ 』 を観ている最中に飛行機が
羽田空港に着陸して無事に帰ってきました。土曜日から 2泊 3日の北海道旅行
でした。旅行と呼ぶほどの内容ではなかったけどね(笑)

__201304_1.JPG
≪ バーガー( 500円 ) ≫

シャンゼリゼ通りのようなブールバールを一人で歩いていると、後ろから
私を呼ぶ声が聞こえる。ふり向くと真っ赤なスポーツカーと真っ白なセダ
ンが近づいてくる。刺される!と思った途端、レッドブルの CMのように
身体が宙に浮いて地面がだんだんと遠くなっていった。凱旋門はどこだと
辺りを見回すともうすこは国境すら見えないほど離れた宙で、アゴを上げ
るとピラミッドさえ見える。いや、ピラミッドはあんなに大きくないだろう
と思ったら目が覚めた。危うい夢だった。

__gag_20130406.jpg
≪ 祐稀くん( 生後 3ヶ月 ) ≫

羽田 ⇒ 旭川空港 ⇒ 美瑛 ⇒ 白金温泉 ⇒ 札幌駅 ⇒ 支笏湖 ⇒ 札幌駅
⇒ 新千歳空港 ⇒ 羽田。ざっくりした旅程はこんな感じでした。3日目の
札幌駅の駅ビルのハシゴでかなり詳しくなりました札幌駅(笑)

初日の焼き肉と二日目の和食フルコースが異様に美味しくて北海道らし
い美食旅になった気がします。楽しかったなぁ。4日前に戻りたい(笑)

__201304_4.JPG
≪ 祐稀くん( 生後 3ヶ月 ) ≫

今回も色々な人に優しくしてもらいました。もちろんその最たるはいつも家族の
ように接してくれる生出一家ですが、本屋の店員さんや飛行機の隣に座ってい
た女子大生やホテルのフロントマンや空港のお土産ショップの店員さんなど人
から滲み出る親切心を多く感じる旅行になりました。まさか誕生日ケーキまで
用意されているなんて。ほんま。詳しくは後編に書けたら書きますね。書きたい
ことが山ほどあるので書き切れるか心配ですが(汗)

__201304_5.jpg
≪ ブルーリバー橋からの眺め ≫

来週末、ARABAKI行って岡村靖幸と andymori観たい。サンボマスターと
9mmも観れるじゃないかなんてちょっとでも思っていた自分の浅はかさに
絶望している。POLYSICSも観るだろうとかそういうことじゃなくて何でこん
なに予定がカツカツなんだ。カツサンドみたいじゃないか。仙台にフェスを
観に行く余裕なんてどこにあると思っていたんだ自分シッカリしろ!と言い
つつ帰宅したら届いていた BaystarsWalkerなるファンクラブ冊子を眺め
てました。今から金田一も読みたいし。もう今夜は徹夜になりそうです(汗)

__201304_3.JPG
≪ BaystarsWalker ≫

前編といいつつ内容が無いですが、後編へ続きます(笑)
posted by taca at 04:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

春へ。そして北へ。

もう節分も終わりました。節分は書いて字のごとく季節を分けるわけで節分の次の日が立春となりますからつまり今はもう暦上では春のはずなのに毎日寒いですねこんばんは。寒い季節に寒い場所へ行きたいなんて思いませんが三月四月と暖かくなるにつれ今度は涼しさが恋しくなって北へ行きたい病にかかるのでしょう。冷たいものを欲するなんてどんなM男なんだってそういうわけではないのですが本当は四国か九州に行きたいのですが4月中旬に北海道へ行くことにしました。行きたくなったら即チケットをとる男です。

初日に旭川に到着して最終日は札幌から発つ予定です。滞在 56時間とけっこう余裕のある感じです。とても安く行けるので好きです北海道。会いたい人がいるとか自然を満喫したいとか温泉に入りたいとかラーメン食べたいとか、どの地域にいても同じような「 行く理由 」は転がっているのですが今の気持ちが漠然と北海道なのです。札幌も旭川も5年ぶり。釧路なんて贅沢は言えませんがせめて登別くらいには足をのばしたかったのですが2泊3日では札幌旭川でいっぱいですね。次に行くときは流氷でも見てきたいものです。わー!なんだかとても楽しみになってきました。温泉入りたい。

2011年は国内旅行で鹿児島・屋久島・種子島へ行ったり、四国( 愛媛・香川 )を周遊したりと楽しんだのに、2012年は海外出張が何回もあったせいか国内は沖縄旅行しかできず、この北海道旅行が久しぶりの国内旅行になります。約一年ぶりでしょうか。今年はこれを皮切りに色々行きたいな名古屋・九州へ行きたい!!

鍋したい。カラオケ行きたい。キャッチボールしたい。ドラム叩きたい。毎日叩きたい。

00Rs[Rs[7_0716s030901.jpg
≪ 5年前 ≫

今日は110分入浴。約2時間も入浴するなんて少し前まで考えられなかった。忙しさに感けて10分のシャワー時間さえ勿体なく感じていた。最近は心に余裕が出来たわけじゃないが時間に余裕が出来たわけでもないが入浴時間を大切にしている。睡眠時間は相変わらず3時間程度だけど入浴中に本を読んでそこでストレスや肩の荷を一気に解消している。そうだきっと冬だからだ。春になれば減るはずだ入浴時間!ってもう暦上では春なんだ今。もうすぐ春ですねって歌えたのは先月までか。でもクソ寒いですからまだ冬ですよやっぱり。春になったらこの本の山はどうやって読み崩せばいいのでしょうね。本棚がもう一つ必要です。

『 悼む人 』 がなかなか読み終わらない。もうすぐ。ラストが気になる。
posted by taca at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

北海道旅行【 後編 】

前編は既に書いてあるので、後編を。

Rs[ ` 2007_0929kC0702.JPG

2日目 ( 9月27日 )
時間は20時半。亜由美にラーメン屋「 まつ田 」まで車で迎えに来てもらい、久しぶりの再会。3ヶ月ぶりなので、実はそんなに久しぶりじゃないけどおぉー!本当に久しぶりだ!!と、心底思った。そして会えて、来て、本当に良かった。本当は亜由美の見舞いに旭川へ来たのに、退院し、病院の外でこういう風に会える・・・それだけでとても嬉しくて、ありがたくて、相変わらずなテンションで普通に会話しながら軽く一人でしんみり。言葉に感情を出さないのは得意なんです。なんにせよ心底、笑顔。

スーパーに寄って2000円分のお菓子、お酒( カクテル系を3本 )、牛乳3本を購入し、21時には亜由美の家へ到着。お父さん、お母さん、妹さんと初対面。みんな笑顔で、快く迎えてくれた・・・そこから数時間、たくさんの話をしつつ軽く飲んだ。1杯で赤くなる久保ちゃん、2杯しか飲んでないのに饒舌な私、焼酎は?とやたらと勧めてくるお父さん。大きなストーブの周りで楽しい会話。お土産( 箱詰め和菓子×3 )も喜んでくれて良かった。

Rs[ ` 2007_0929kC04341.JPG

3日目 ( 9月28日 )
この日は亜由美のお父さんが私と久保ちゃんをアテンド。まずはラーメン屋「 蔵 」で朝食。ネギ塩ラーメン。こってりだけど、ぐっとくる味。美味かった。( 写真は【 前編 】に )食後、旭山動物園へ送ってもらい、二人で3時間ほど見て回った。噂通り、動物までの距離が近いと感じる。ペンギン、白熊、アザラシは聞いていた通り人が密集していたが、普段よりかなり空いているんだと思う。混雑なく余裕で見れた。すいすい。

Rs[ ` 2007_0929kC0369.JPG

ペンギンがとても可愛いかった。他の動物園や水族館で見たペンギンよりも活き活きとしている。もちろん、彼らの生態に詳しくはないから、「 〜ように見える 」だけですが。そのくらい人に見られていることに喜びさえ感じているように見えた。楽しんでいる。なるほど。そして気付いた・・・私、かなりペンギンが好きかもしれない。ぬいぐるみも買いそうになった。危ない。買っても家に置くところない(笑)

Rs[ ` 2007_0929kC0319.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0320.JPG

エゾシカのオリの前に考えさせられる言葉が書かれていた。エゾシカが保護されたせいで様々な生態系が崩れているという現実・・・こういう言葉を見ると、1日中考えてしまう。悪い癖。

昨夜の雨は朝には止み、なんとか雨に降られない・・・と油断していたら、雨がポツポツリ。30分ほど雨宿り。最近マイブームのオニオンスープをすすり飲む・・・体が温まる。

Rs[ ` 2007_0929kC0457.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0426.JPG

お土産を見てお父さんに電話したら丁度、園の駐車場に着いたらしく、待っていてくれた。ありがとう御座います。そしてそのまま二時間半ほどドライブしてくれた。ダムを見て、霧の中、旭岳にも。視界の悪い中・・・本当に感謝です。お父さんは本当に運転が上手い。バスの運転手はやはり乗用車も上手いんだなぁと実感。

Rs[ ` 2007_0929kC0553.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0633.JPG

北海道の壮大な景色の中、車を贅沢に走らせる・・・自然って脅威でもあり親しくもある。気持ちが、気分が不思議なテンションになる。カメラを構えるのもおこがましく感じるほど。途中、カメラ?写真?の街、東川という地域を解説してくれ、道の駅にも寄ってくれた。

Rs[ ` 2007_0929kC0582.JPG

亜由美が夕食の店を予約してくれたようで、18時に亜由美ファミリーと車で夕食へ。海鮮料理のバイキング+飲み放題。亜由美の友達のみのりちゃんや大西さんも登場し、とても賑やかで楽しい夕食会になった。本当に・・・あと1週間はココにいたい・・・なんて甘えた気持ちにもなった。27歳の夏休みは、なんて短いのだろう。なんて楽しいのだろう。

食後、21時〜24時過ぎまでカラオケ。昨日今日会ったばかりの人とのカラオケとは思えないくらい盛り上がった。って、お父さんは演歌と懐メロ中心ってのはわかるけど、お母さん・・・DJ OZMAとか、ピンクレディーとか・・・スゴイ選曲でした(笑) 妹さんは歌が上手いし、みのりちゃんは選曲がいちいちツボだった。好きなジャンルが似てるw

カラオケ後、タクシーで亜由美宅へ戻り、この日は2時過ぎには寝た・・・と思う。多分w

Rs[ ` 2007_0929kC0600.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0936.JPG

4日目 ( 9月29日 )
この日も、お父さんの運転で出発。3人で旭川駅近くのバスターミナル裏で真を拾い、真をお父さんと久保ちゃんに簡単に紹介してすぐに溶け込んだ。午前中は男4人で行動。亜由美たち女4人は、昼に出発して14時には合流する予定だった。当初は(笑)

Rs[ ` 2007_0929kC0741.JPG

まずは壮大な景色を眺めながら美瑛へ。駅が可愛い。コンビニUNOを発見。チェーン店?北海道独自の標識や信号のカタチにも慣れ、道路の幅や車のスピードにも慣れてきた。亜由美チョイスのCDの中から、SPIRAL LIFE を取り出し車の中は車谷の声が響くw

朝食がまだだったので、超有名らしいホビット( 歩人 )というソーセージ屋さんでランチ。ここのカレーは本当に美味しいらしく、ココのソーセージは天皇御用達だとか。そして、そのウワサ通り、生ハムもソーセージもカレーも、激!美味しかったです。ご馳走様でした。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0948.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0955.JPG

十勝岳の展望台で景色を眺めたが、前日の旭岳と同じくガス( 霧 )がすごくて遠くの山は見えなかった。残念だけど、壮大な北海道のパノラマが楽しめたから十分過ぎました。AIRの歌声にのって、十勝岳温泉へ。混浴と聞いていたけどどううやら変わったらしく、男湯に普通に入った。少し残念でした・・・って少しだけですよ(笑) タオルは亜由美のお父さんが用意しておいてくれ、のんびり気持ち良く入泉できた。体の芯から温まる。温泉が真っ茶色で、タオルを温泉に浸してみたら、すぐに真っ茶色になってしまった(汗)

Rs[ ` 2007_0929kC0797.JPG

温泉後、また車は走りだした・・・と、すぐ近くの駐車場に、野生のキツネがいた。普通に。お父さんには珍しくないようでしたが、我々3人は興味津々で近づいた。可愛い目をしてる。車は上富良野を抜け、富良野へ向かう。空が相変わらずキレイだ・・・太陽もデカイ。雲は追いかけてこない。数分目を離すとどこかへ行ってしまうから愛おしく感じる。

富良野駅も可愛い。富良野で北海道の中心地へ。今まで考えたことがなかったが、確かにそう言われると北海道の中心地ってドコなんだろう・・・と気になった。ヘソは小学校のグラウンドにあった。みなさん、北海道の中心は富良野ですよ。覚えておきましょうね(笑)

Rs[ ` 2007_0929kC0732.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0962.JPG

待っても待っても、もう一台が到着せず・・・着いて一緒にランチかと思ってたら待合せ時間に「 まだ美瑛で食事中〜 」とのメール。ま、仕方ないからこちらもランチをすることに。「 かつみ 」という名前の定食屋。餃子ラーメンの塩を注文してみた。興味津々で餃子ラーメンという名前の料理を待っていたら・・・ラーメンの上に水餃子が乗っていた!ちょっと衝撃。でも、ラーメンのスープで煮ているようで、味がしみて美味しかった。麺もイイ感じでした。そこで2台目を待ち、到着次第、次の目的地へ出発進行。

Rs[ ` 2007_0929kC08161.JPG

富良野チーズ工房へ。観光地特有の体験系だが、富良野でチーズなら、是非作りたい!
と思っていたけど時間的に無理でした。代わりにチーズの試食と、アイスを食べた・・・
アイスはシングル250円、ダブル350円。迷わずダブルにしたが・・・種類で迷う。
カボチャと迷った挙句、ブドウとチーズに。これが、激しく美味かった!甘いのにすっきり♪

Rs[ ` 2007_0929kCfW0966.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0827.JPG

ニングルテラスへ。色々な手作り品が各ロッジごとにテーマ別で売られている、面白い場所でした。万華鏡の家と、オルゴールの森が、けっこう楽しかった。こういう物が好きな子供だったなぁ・・・と昔を懐かしんだ。そして軽く笑いがこみ上げてきた(笑)

19時に旭川空港に送ってもらい、全員で記念撮影をして、お土産屋が閉まる直前に滑りこんでお土産を買って、3日間お世話になった亜由美ファミリーに御礼をしてから、飛行機に乗り羽田へ。帰りはアッ!と言う間に羽田に着いた。そして23時半には帰宅。

Rs[ ` 2007_0929kC0840.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0847.JPG

本当に本当に最高の4日間でした。とても楽しかったです。みんなありがとう♪
posted by taca at 02:27| Comment(17) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

北海道旅行【 前編 】

昨夜、書いた【 概要 】を見てもらえばわかる通り、北海道旅行してきました。前編と後編に分けて旅行記を書きたいと思います。とりあえず今日は前編を。登場人物は【 概要 】にあります。まずはそちらから読んでみて下さい♪

Rs[ ` 2007_0929kC0051.JPG

久保ちゃんと羽田空港で待ち合わせ、AIR DO で北海道へ。航空機の整備不良のため出発時間が1時間半も遅れた・・・仕方ないのでお土産を見たりして時間を潰す。機内で待たされなかった分だけマシかな(汗)

13時頃、予定より1時間半遅れで新千歳空港へ到着。多少は苛々していたが着いた瞬間から別世界で、空が広くて・・・東京で言う「 空 」とこっちの「 空 」は明らかに別物だと感動して心が一気に軽くなった。そして寒い・・・2人とも半袖だったのですが、少し肌寒かった。でも夕方までは半袖でした(笑)

そこから札幌へ行こう・・・と当初の計画では思っていたのですが、路線図を見て「 小樽とか、良くね? 」・・・ってことで急遽、小樽まで切符を買ってみた。札幌から更に30分ほど遠いのですが海岸沿いを走る電車の旅はとても快適で素敵でした。車窓から見える風景も日本と言うよりフランスのようだった。空虚なのに色鮮やかな郊外。

Rs[ ` 2007_0929kC0060.JPG

終点の小樽で下車。駅がレトロで可愛い。射し込む光がまたキレイで、我々を旅をしている気分にさせた。そして駅で地図をもらい説明を聞き、散策。まずは駅前大通りを歩いて運河へ。レンガ造りの倉庫群が運河に映り・・・キレイだ・・・空も真っ青ではないもののキレイな青空。ただ真上を見るという行為が、とても勿体無い、とても大それた行為に思えた。

Rs[ ` 2007_0929kC0078.JPG

金融資料館( 旧日本銀行 )を訪れ、1億円の重さを体験したりて、15時。お腹が空いた。小さな定食屋で、遅いランチを食べた。生魚が食べられない私もイクラは食えるのでイクラ丼。かなり・・・美味しかった。なるほど、コレが本場の味か・・・なんて通みたいな感想をもった。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0864.JPG

引き続き散策して、六花亭、ルタオ本店、港で船を見てから、夕焼けの中、南小樽駅へ。小樽は短い時間でしたが、思いがけないほど充実した時間を過ごすことができたせいか小樽また行きたいです。印象深い地になりました。

って、みなさんソフトカツゲンって知ってますか?? 私と久保ちゃんはもちろん知らず、恐る恐る購入・・・飲んだ・・・甘い・・・ビックルよりマミーより甘い。北海道の人の味覚を疑います。笑

Rs[ ` 2007_0929kCfW0871.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0141.JPG

夕方には札幌へ移動。18時半に到着し、時計台、さっぽろテレビ塔、と2つの有名観光地を見てから、ススキノへ。まるまると久しぶりの再会。でも全然懐かしくない!笑

まるまると、友人の鳥海さんと4人で ALLORA ( アローラ )という、イタリア料理+ワインの店へ。「 まるまるだから絶対に大衆居酒屋だ( 前回飲んだ店が世界の山ちゃんだったせいかも ) 」と二人で思っていただけに意外な展開。「 もしや気を遣わせてしまったんじゃ? 」と心配したがどうやらかなりの常連みたいで、店員さんと顔なじみのアットホームな雰囲気でした。ここで桃代さんが待っていてくれ、五人で食事+飲み開始。料理も普通に美味しい。ペンネがツボ。食より会話。みなさんとてもイイ人でした。更に「 妹 」と呼ばれる池田さんが駆けつけ、その1時間後には更に佐々木さん・・・と駆け付け、「 いつもの五人 」が勢揃い。兄弟のよう。この五人がとても仲良く、家族みたいだった。職場の人とこれだけ仲良しって羨ましいです。明日の予定やら二軒目やら色々と考えてくれた。鳥海さんのテンションが羨ましい(笑)

楽しい時間はアッ!と言う間で、22時半に7人で「 らーめん五丈原 」へ。ココへ来れば間違いない、札幌市民イチオシのラーメン屋とか。鳥海さんオススメのチャーシューおにぎり+みそらーめんを大盛りで注文。スープが濃厚でこってりで、飲んだ後に食べるのに一番美味しく感じる味。麺にも合う。もう少し麺が柔らかいと更に良かったかな。あ、メンマも美味しかった。食べていると外にも行列が。ちょうどイイ時間に来たみたい。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0877.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0873.JPG
≪ 五丈原 ≫                       ≪ チャーシューおにぎり ≫

ラーメン後また移動して鳥海さん御用達の喫茶店「 サンローゼ 」で休憩。ラーメンの時に限界宣言をした久保ちゃんがケーキセットを注文して「 別腹 」発言。さすがです。0時過ぎにサンローゼを離れ解散。まるまる、鳥海さん、佐々木さん、桃代さん、池田さん、0時過ぎまで付き合ってくれ、本当にありがとうございました。5人と別れた後、私は久保ちゃんと分かれ一人、札幌ラーメンを満喫。3軒ほど歩いた。

まず、ALLORA の店員さんがオススメしてくれた、「 さっぽろらーめん信玄 」。水戸らーめんを大盛りで注文。こちらもこってり・・・札幌ラーメンってこってりが多い??それとも、札幌市民はこってりが好きなのか・・・わからないけど、美味しかった。ただ、20分ちょっと並んだのですが、並ぶほどの価値は無いかな。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0889.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0892.JPG
≪ 信玄 ≫                       ≪ もぐら ≫

食後、新ラーメン横丁で「 札幌ラーメン元祖もぐら 」へ。ここでは味噌に飽きたので、醤油・・・でもあまり美味しくない・・・札幌ラーメンは麺が好きじゃないのかも。あと具も。チャーシューが厚い・・・でもこの店もメンマが美味しかった。口直しに、隣にあった「 赤レンガ 」で味噌ラーメンをパクリ。こちらはけっこうツボな味。私の舌に合う味噌ラーメンでしたが・・・具がいまいちでした。煮玉子が良かったなぁ。4つ食べれば、札幌ラーメンを食べたことになるかな? と自分を納得させ、眠ることにした。

Rs[ ` 2007_0929kC0229.JPG

2日目 ( 9月27日 )
朝、8時に出発し、二人で駅まで30分かけて歩いた。小雨パラパラ。昨日、札幌に着いた時点ではなんとなくで定山渓温泉予定でしたが、昨夜の飲み会で「 豊平峡温泉 」を勧められ、そちらに変更。どうやら、温泉とダムとカレーとナンがオススメらしい・・・カレー??ナン??え、温泉ですよね??笑

札幌駅から1時間半ほどで到着。帰りも同じくらいの時間でした。ダムは晴れていたら、紅葉なら更に、イメージが違うものになっていたことだろう。「 まあまあ綺麗 」といった印象。

Rs[ ` 2007_0929kC0214.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0233.JPG

ちょうど 12時過ぎ、温泉に入る前にランチにした。蕎麦屋もあったが誰も蕎麦を食べずみんなカレー。私たちも昨夜プッシュされたカレーをチョイス。って、温泉地なのにカレーもナンも、とても美味いんですけどー!ナンにバターがもっとたっぷりだったら更に嬉しかったかな。餃子の具が挟んであるナンも注文したが、こちらも美味かったです。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0899.JPG

温泉に入りのほほん。露天風呂は設定温度が低いせいかぬるかったが、景色と言うか雰囲気は良かった。あと・・・ニオイが凄い。温泉の成分等を見ていないのですが、とても体に良さそうな匂いと色でした。硫黄の匂い。何より温泉から出た時の肌がすべすべ。いいわやっぱり温泉って。入浴後、まだ14時過ぎ…かなり( 夜まで )時間あるな・・・と横になったら、眠りの世界へ。まさか寝るとは思っていなかったけど、寝たら頭がスッキリした・・・今回の旅は寝過ぎですね(笑)

亜由美のメールだけ返信してから久保ちゃんを起こしたら・・・バス発車8分前だった。あと1つメールを返信してたらアウトでした(笑)

外に出るとすぐにバスが到着し、雨水を含んだ灰色の曇の下、ゆるりゆるりと札幌まで送り届けてくれ、そこで乗り換え、またぬるりぬるりのろりのろりと旭川まで向かった。高速バスで約2時間。2000円。けっこう近いけど、東京より時間はかかる(笑)

Rs[ ` 2007_0929kCfW0906.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0922.JPG
≪ まつ田 ≫                       ≪ 蔵 ≫

旭川到着後の話から【 後編 】に書きますが、上のラーメンは、旭川到着後に食べた「 まつ田 」と、次の日( 9月28日 )に食べた「 蔵 」の旭川ラーメン。どちらも美味しかったけど、「 まつ田 」のあっさり醤油のラーメンがとても好きな味。とてもとても美味しかったです。「 蔵 」はちょっとコッテリ過ぎた・・・なんにせよ、旭川ラーメンと札幌ラーメンなら、旭川ラーメンだな!!と、私の中で決定しました♪

後編 へ続く・・・
posted by taca at 17:40| Comment(18) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道旅行【 概要 】

今、帰宅したら部屋の中が出発前のままでした。って当たり前ですね。あ、ただいま。さっきまで北海道にいたのが嘘のようで、暖かい人のぬくもりに触れていたとは思えないほどここには誰もいないのですが、心はまだポカポカしています。以下、概要です。明日から 前編 と 後編 を書きますのでそちらもお楽しみに♪

Rs[ ` 2007_0929kC06971.JPG
≪ 私と真 ≫

■登場人物

久保ちゃん : 今回の旅行の同行者。一緒にいても疲れない11年来の親友。サンクス。
亜由美 : 今回の旅の目的の一つ、旭川在住の友人。波乱万丈で天真爛漫な美少女。
お父さん : 亜由美の父。バスの運転手。ネギラーメンが好き。
お母さん : 亜由美の母。運転手のお父さんを操縦する一番の権力者(笑)
妹さん : 亜由美の妹さん。亜由美に全然似ていないけど負けず劣らず美少女。
モッチー : 亜由美の妹さんの飼っているモルモット。目が大きくて可愛い。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0900.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0912.JPG
≪ 久保ちゃん ≫                   ≪ プーさん ≫

岡真 : 旭川に住む友人。シンガーソングライター。19歳のイケメン。
みのりさん : 亜由美の友達。子供の頃に目の病気になったので、それを治す人に
        なりたいという夢を果たした、とても素敵な女性。車がゴツイ。
まるまる : 亜由美の中学生時代の友達。6月に東京で飲んで以来なので数か月ぶり。
       今回は札幌で再会。とても面白い方で、女性には毒を吐くイイ人です。
鳥海さん : 面白い人。初日の飲みの最年長。とても面倒見がよく周囲に頼られる兄的存在。
池田さん : まるまるの妹分。可愛い子で、私もこんな妹が職場に欲しいです。
桃代さん : まるまるが頭の上がらない(?)姐御的存在。音楽の趣味が似てる大人な女性。
佐々木さん : まるまるの飲み仲間。飲みに一番遅れてきたためあまり話せませんでした。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0913.JPG Rs[ ` 2007_0929kC0709.JPG
≪ モッチー ≫                     ≪ 真と久保ちゃん ≫
 
■概要

初日
羽田空港からAIR DO で北海道へ。
新千歳空港から小樽へ行き散策。思っていた以上に充実した時間に。
夕方に札幌へ移動して、時計台、TV塔、ススキノと軽く観光。
まるまる+まるまるの仲間4人と飲み会。
初の札幌ラーメンを堪能。深夜にラーメン屋をハシゴ(笑)

二日目
豊平峡へ。豊平峡ダムと豊平峡温泉とカレー。のんびりできた。夕方には旭川へ移動し、
ラーメン食べてから亜由美宅へ。歓迎を受け5時間ほど軽く飲んだり雑談したり。

三日目
旭川ラーメンを食べてから、旭山動物園へ。その後、旭岳へ。霧が凄かったけどドライブ
が楽しかった。夜は海鮮バイキング。亜由美ファミリー+大西さん+みのりちゃんの8名
で飲み、その後は0時過ぎまでカラオケ。異様な盛り上がりの後、タクシーで亜由美宅へ。

最終日
亜由美ファミリー+真+みのりちゃん+私と久保ちゃんの8名で美瑛+富良野へ。
昼のホビット(歩人)のソーセージはデラ美味かった!! あと温泉も茶色くて良かった♪
殆んど車の中だったけど楽しかった〜チーズのアイスが美味かった! 全員で空港まで
見送りしてくれ、6人に見守られながら出発ゲートをくぐった。22時に羽田着。

今回は4日前の日記の通り、久保ちゃんと一緒に北海道を3泊4日で旅行してきました。
気心知れた仲のため、お互い気を遣わないしかなり楽で・・・おかげで楽しい旅になりました。

Rs[ ` 2007_0929kCfW0882.JPG Rs[ ` 2007_0929kCfW0973.JPG
≪ 札幌の飲み4人+私と久保ちゃん ≫        ≪ 最終日の8人 ≫

北海道はこの時期なのに思っていた以上に寒かったけど、厚着だったのでOKでした。札幌でも旭川でも歓迎され、とても嬉しかった。楽しかった。本当に行って良かった。特に、亜由美ファミリーには本当にお世話になりました。本当に感謝×感謝です!!明日、旅行記を長々と二つに分けて書くので、お楽しみに!!

Rs[ ` 2007_0929kC0342.JPG
≪ 旭山動物園のペンギン ≫

もう北海道シックにかかっている。次に北海道へ行くのは何年後なんでしょうか。
posted by taca at 01:18| Comment(22) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

東北旅行( あとがき )

今日の1曲「 青のり / ブリーフ&トランクス 」
http://jp.youtube.com/watch?v=wY1Ze3GdbB8&mode=related&search=

2006_0524tarako0005.JPG

「 おかえりふがー 」 ← 京子
「 おおっ!・・・あ!・・・ただいま 」 ← お父たん
「 ふが? ふがふが? 」
「 あ、いや・・・ちょっとビックリした。こんなデカイタラコが家にいたのを忘れてた 」
「 なんですと!! 」
「 いや、まじ。 何事かと思った 」
「 (⊃д⊂) 」
「 あ、まじごめん。でも、まじ忘れてた 」
「 ・・・ 」
ピョコンピョコン・・・

「 可愛いムスメを忘れるなんて・・・さてはニセお父たんんが!? 」 ← 幸子
「 え?!俺?? 二・・・ニセ者!? 」
「 ふが!? マチガイナイふが! 」
「 本物のお父たんを返すんが!! 」
「 なんだよ。せっかくプリン買ってきたのに 」
「 !? 」
「 !? 」
「 お父たんふが〜 」
「 本物のお父たんんが〜 」
「 だろ?? 」 ( ・・・自分用に買ってきたんだが・・・ )
「 で、岩手土産は何ふが?? 」
「 んがも〜んがも〜 」
「 え・・・いや・・・プリン・・・ 」

Rs[ ` 2007_0716ks0059.JPG Rs[ ` 2007_0716ks0060.JPG

この旅はとにかく楽し過ぎた。癒され過ぎた。イイ写真がたくさん撮れ過ぎた。
風呂場で裸をじろじろ見られ過ぎた。浴衣姿が艶っぽいと言われた。そして、なにより・・・
東北って、美人が多い! みんな顔立ちがイイ! それが、今回の旅の総括でしょうか(笑)

まだ見てない人は、是非♪( PCから一気に読んで下さい♪
東北旅行( 初日 ):http://catcamera.seesaa.net/article/48066992.html
東北旅行( 2日目 ):http://catcamera.seesaa.net/article/48072550.html
東北旅行( 最終日 ):http://catcamera.seesaa.net/article/48089732.html

Rs[ ` 2007_0716ks0239.JPG

北海道も、こんな青空なのかなぁ・・・行ってみたい。行って、見たい。夏の北海道。
posted by taca at 22:30| Comment(15) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

東北旅行( 最終日 )

東北旅行も最後の一日となりました。

00Rs[Rs[7_0716s030901.jpg

三日目( 7月16日 )
朝から風呂。旅行に来るとこれが日課。そして湯船でフリッパーズギターを鼻歌。最終日なので念入りに肩まで長い時間浸かる。温泉の成分をケチな貧乏人ばりに吸収してほくそ笑む。つまりは自分も貧乏人なんでしょうね。

風呂の後、散歩。散歩後、朝食。朝食後、また散歩。十和田湖と言えば・・・そう、乙女の像。気温13℃。寒い。しかも乙女の像・・・2体!? しかも何を意味しているか不明。想定の範囲内な銅像。そんな乙女の像よりも、白鳥型ボートに惹かれる。ドコにでもあるが微かに違う造形美。大体が、白い。一つだけ王冠の載ったヤツがいた。偉そうではなかったがきっと偉いのだろう。

00Rs[Rs[7_0716s030903.jpg

00Rs[Rs[7_0716s030911.JPG 00Rs[Rs[7_0716s030914.JPG

霧深い十和田湖畔から車で、まずは奥入瀬渓谷へ。思った以上にすぐ到着・・・晴れていたら川沿いを2時間半くらいかけて歩きたいが、あいにくの雨のため、川沿いに車を走らせ、要所要所で車を停めて歩く。歩きつつ写真を撮る。パシャ・・・パシャ・・・カチ・・・ん??シャッターが押せない。カメラからは充電警告。シャッターを押しても、反応無し。え・・・まだ50枚は撮れるのに!? 天気は雨。川の色と同じくらい、心の中もブルー。淡いブルー。でも仕方ないから目で楽しむ。小雨の中の渓谷の音を楽しむ。

00Rs[Rs[7_0716s030913.JPG 00Rs[Rs[7_0716s030915.JPG

奥入瀬渓谷を過ぎた後、八甲田山を目指し登っていくと・・・一転、快晴! 凄まじくブルー!!八甲田山に到着した時は、素晴らしい視界の中を自分の体が動き回っていた。自動販売機で、最近めっきり見なくなった「 アミノ式 」を発見&購入。うーん・・・美味い!懐かしい!この味、めっさ好きやわぁ〜何でコンビにに置いてないのか、まったくもってわからん。。。ってどうでもいいですねこの会話。

00Rs[Rs[7_0716s030907.jpg 00Rs[Rs[7_0716s030916.JPG

とりあえずロープウェーで山頂へ。そこは雲の上。ヤバイくらいテンションが上がる。頂上には散歩コースがあって、10分ほど歩いて湖まで行き、ブラブラしてから、山の下へ。腹が減っていないが、13時過ぎだったので、ランチに。しかし目の前に料理が運ばれてくると、グゥとお腹が空くもので、コレが美味かった。そぼろ+レタスだが・・・家で今度、作ってみようかなと思える味だった。

帰りの新幹線は盛岡発。ココは青森。行きと違い、あとは帰るだけなので、高速を利用して颯爽と盛岡へ。車は邪魔者のいない高速道路をひた走った・・・空が・・・青過ぎてキレイすぎる。高速道路情報を聞こうとして、ここでこの日の午前+午後に新潟で地震があったと知る。台風も影響がなかったし、本当にいい時期の旅行になった。それもこれも、日頃の行いが良いのでしょうもちろん私の(笑)

2007_0716ks0238.JPG 00Rs[Rs[7_0716s030908.jpg

盛岡に到着し、東北新幹線はやてで、東京を目指す。上野で下車し、私の旅行もこれまで。楽しい旅行でした。やっぱり家族っていいものですね。

東北旅行( 初日 ):http://catcamera.seesaa.net/article/48066992.html
東北旅行( 2日目 ):http://catcamera.seesaa.net/article/48072550.html
posted by taca at 00:49| Comment(15) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

東北旅行( 二日目 )

続き。東北旅行二日目について。

Rs[ ` 2007_0716ks0077.JPG

二日目( 7月15日 )
朝から露天風呂で寝床の汗を流す。昨日は真っ暗だった露天風呂も朝は景色が違う。キレイな池が目の前に広がり、緑を奇麗に取り込んだ人工的ながら自然を活かした庭になっていた。

朝食もバイキング。さすがに朝のため中華は無かったが和食と洋食どちらも美味しかった。個人的にホットケーキとコーンフレークとヨーグルトがあれば事足りるので、どこに行っても困りません(笑)

Rs[2007_0716s0278.JPG Rs[ ` 2007_0716ks0094.JPG

食後、カーナビの目的地を角館武家屋敷に設定して出発。目指すは秋田県。そして・・・昨日の夕方から使えなくなっていた携帯も圏外を脱出してメールを着信しまくりやんややんや。未読メール21通・・・とりあえず重要なメールのみ返信。している最中に、また圏外に(笑)ま、旅行中だからいいか放置しよう・・・空がとてもキレイだし・・・雲が太陽に影だけとり残されてるからメールは返せません、と。

自然界の中を走る車。自然と言うよりも田んぼ・・・人工的な美しさ。そしてチラチラと古い建物が視界に入る。それもまた趣き深い。風流という言葉よりも刹那といった感じ。

Rs[ ` 2007_0716ks0065.JPG Rs[ ` 2007_0716ks0067.JPG

途中、抱返り渓谷でマイナスイオン吸収してから角館武家屋敷へ。
観光地だが、自然の中に佇んでいた建物とは違った趣きのある屋敷群
は、やはりイイ。

Rs[ ` 2007_0716s0290.jpg

そして田沢湖へ。ここが・・・すごい景色でした。雲が湖が空が・・・この旅は本当に景色に恵まれた気がします。とにかく写真では伝わらないので、一度、行くことをオススメします。本当に。できたら晴れた日に。・・・そして、缶の冷やし甘酒がマズイ!(笑)

続いて乳頭温泉へ。その中でも最も古い鶴ノ湯温泉で入浴。白湯に入ってから黒湯に。体の芯までポカポカしたのに、外に出ると、雨。ポツリポツリと雨音をたてて濡れた髪を冷たく濡らす。でも気分は悪くない。タイムスリップしたかのような心地。ここ、泊まれるのか・・・いいな。今夜はここには泊まらないけど。

Rs[ ` 2007_0716ks0088.JPG Rs[ ` 2007_0716ks0097.JPG

来た道を戻り、途中で分岐して一気に十和田湖を目指す。カーナビってすげぇなぁ・・・欲しい。
車は持っていないけど欲しい(笑) 青空を望む道をひたすら進む。小説を読んだ時の空想や写真展でしかお目にかかれない、贅沢な道。贅沢な景色。途中、虹がでたりで本当に夢の中の景色のようだった。十和田湖に近付くにつれ霧がサーッ・・・周辺は特に霧が凄かった。幻想的と酔いしれることもできるが、今日は真っ青な十和田湖を期待していただけにとても残念でした。霧のバカヤロウ。

今夜の宿泊先の十和田湖観光ホテルへ到着。ココもなかなか良いホテルでした。ちょいオシャレで機能的な造りになっていました。夕食も豪華で言うことなし。殆どが名産品できりたんぽもモチモチ。ワインのゼリーも美味しかったです。もちろん場所柄、年配者が多かったのですが、カップルや若い家族連れのお客さんも多かったです。

Rs[ ` 2007_0716s0301.jpg Rs[ ` 2007_0716s0305.jpg

夕食後、十和田湖水まつりの花火があるらしく小雨の中、ホテルの前の砂浜へ。花火は盛大だった。天気が雨でなければ・・・三脚があれば・・・と言い訳したくなるほど写真がいまいちだが、砂浜でしゃがんで見ている私の心には焼き付いた。なにより、音がスゴイ。ホテル中に響き渡る、部屋にいても聴こえる平和な爆発音。

大浴場も昨日のホテル浴場より狭かったけど、体を癒すには十分過ぎた。
はぁ〜・・・極楽でした。

Rs[ ` 2007_0716ks0139.JPG Rs[ ` 2007_0716ks0143.JPG

さすがに2日連続早寝はできず、ベッドに仰向けになってから小二時間ほど、くだらないことを考えていた。豆腐になりたい。

続く・・・。
posted by taca at 12:35| Comment(26) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

東北旅行( 初日 )

岩手〜秋田〜青森へ2泊3日の旅行をしてきました。家族旅行です。

Rs[ ` 2007_0716s0370.jpg

初日( 7月14日 )
朝、5時半起床。殆ど寝ていなくても旅行当日の朝はスパン!って目覚めるから不思議だ。衣服など当日の朝に用意するのは相変わらず。今回はかなり軽量軽装で着替えもTシャツのみとした。6時に家を出て、東京駅で新幹線に乗り換え、7時頃出発して車内で朝食。新幹線( はやて )は相変わらずクールに・・・淡々と・・・人々を運ぶ。車窓から見る景色も長閑ではあるが、少しづつテンションが上がっていく。そして9:22に盛岡に到着。お母ん曰く、24年ぶりの盛岡らしい。私は去年、会社の同期と車で来たがw

駅でレンタカーを手配して2時間とばして、宮古へ。緑の中を走る走る・・・社中で聴くCDを持ってくるのを忘れて、軽く凹んだが、まあ仕方ないってことで、車は津々と走ってくれた。宮古に着くも親戚の家がわからず、コンビニから連絡・・・したら、コンビニの隣の家でした(笑)

Rs[ ` 2007_0716s0256.JPG

あ、私の父親の実家が、ここ、宮古なんです。まぁ、そんな父親とも十数年会っていませんが。で、昼食をご馳走になった。猫を2匹飼っている夫婦で、本当に優しい目をした2人だった。それから、祖母の墓参りをし、親戚と別れ、本日の宿泊先を目指した。目指すは雫石!!

途中、道の駅に立ち寄った祭、野菜ソムリエの姉が目の色を変えて野菜を吟味・・・最終的に段ボールで買ってた。私は緑色のきな粉に魅かれていた。なんだコレ・・・ずんだ餅が緑なのは、ずんだ( 枝豆餡 )だからで・・・きな粉が緑色??・・・って、姉に聞いたら、青大豆だそうです。解決したら興味が薄れて結局買わなかった。笑

Rs[ ` 2007_0716ks0014.JPG Rs[ ` 2007_0716s0269.JPG

17時にホテル到着してすぐに夕食。今夜はバイキング。和・洋・中と3つに分かれ、それぞれ30種類以上の惣菜が並ぶいつものスタイル。鴨と鯨肉が美味しかった。岩手にお越しの際は、雫石プリンスホテルへー! って宣伝したくなる美味しさだった(笑)

食後は温泉露天風呂に入って一人でぐったり。カエルの鳴き声がエンドレスに聴こえてきた。聴こえてきた方を向くと、黒い折り紙かっ!!ってツッコミたくなるほど真っ暗な闇。ココは田舎・・・田舎ではない。大自然。その中にいる。脱人間社会ーっ!!

Rs[ ` 2007_0716ks0104.JPG

携帯電話も16時くらいから圏外に。どんだけ生活しにくいねん!!

続く・・・
posted by taca at 23:14| Comment(15) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

盛岡旅行〔あとがき〕

〔圧縮〕盛岡1.JPG

「ふぅ、ただいま」
ピョコン ピョコン
「お父たん!!」
「ん?おぉ愛しの京子。ただいま♪」
「お・・・・お父たん!!朝起きたらいなかった・・・」
「あ・・・あぁ、ちょっと2丁目のタバコ屋まで・・・・」
「ボクをおいて盛岡行ったふが!連れてってくれるって言ったふが!」
「いや、ほら・・・気持ちよさそうに寝てたから」
「さては、そもそも置いていく気だったふが!」
「な・・・何言ってるんだ」
「ぐすん」
「ほ・・・ほら、かもめの玉子だぞ?期間限定の桃味だぞ?」
「・・・・美味しいふが?」
「めちゃめちゃ甘くて美味い。食うか?」
「わーーい」
ピョコン ピョコン

(圧縮)盛岡012.JPG
posted by taca at 08:02| Comment(17) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

盛岡旅行〔後編〕

三部作の完結。盛岡旅行〔後編〕

(圧縮)盛岡3.JPG

18日 8:00
前夜は早く就寝・・・とはいかなかったものの、次の日も時間を有効活用するため、
7時起床8時チェックアウトとした。目指すはリアス式海岸。

(圧縮)盛岡008.JPG

18日 9:00
途中通りかかった『岩洞湖』。なかなかスゴイ存在感のある湖で、
周りの木々と相反するかのような色だった。
それから1時間。盛岡から車で2時間ほどで『北山崎』に到着。

(圧縮)盛岡1.JPG (圧縮)盛岡555.JPG

生まれて初めて見た。リアス式海岸。もちろん教科書には載っていたが・・・
多少荒れている海の青さと潮の白さが絶妙なコントラストで、
見る人の目を楽しませてくれる切り立った岸壁。これぞ!といった感じ。
風が強いせいか寒かったものの、コレを見るために肌で感じるために
往復4時間を費やしただけあった。
なぜか頭の中でオレンジレンジの「チャンピオーネ」がフル音量でかかってたw

(圧縮)盛岡010.JPG (圧縮)盛岡011.JPG

18日 14:00
盛岡へ戻り、「白乾児」という店でジャジャ麺を食べた。
それほど美味しくなかった。なんて言うか・・・適当な味。
盛岡3大麺(わんこ、冷麺、ジャジャ麺)の3つ目と期待していたが・・・。

帰りは途中少しだけ雨に降られはしたが、行きよりもハイテンションかつ
順調に、東京へ。SAに何回か寄り、お土産と食料を補給。
ずんだ団子を買ったが、やけに冷たく、食べずに持ち帰った。
次のSAでも同じことをし、合計6本が私の紙袋に納まったw
Kが買った牛タン塩焼きがメチャクチャ美味しかった。

(圧縮)盛岡013.JPG
帰宅して、凍っていたずんだ団子を食った。死ぬほど美味しかった。
ずんだ餡は店によって多少の違いはあれど、どちらも美味しかった。
仙台に住みたい・・・一瞬だけ、そう思ってしまった。

18日 21:15
元々はYが発案し、Kが企画し、俺は誘われただけだったのに、
至れり尽くせりでした。2日間でかなりの距離を運転してくれたK、
本当にお疲れ様。また行こうな!次は前橋&日光へ!
posted by taca at 20:54| Comment(15) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

盛岡旅行〔中編〕

(圧縮)盛岡4.JPG

17日 AM9:00
岩手県の名所は私は無頓着だったため、全てKとYに任せた。
そのおかげで、面白いトコロへ連れていってもらえた。
まずは盛岡に着くなり、厳美渓を目指して車は走り出した。

〔圧縮〕盛岡0291.JPG 〔圧縮〕盛岡028.JPG

車から見える景色が素晴らしかった・・・この2日間ともに言えることだが、
雲が・・・とてもとてもとてもキレイだった。そうとしか言いようがなかった。

厳美渓に到着。無料駐車場に車を停めて、岩場へ。
なかなかイイ。川の色。空の色。雲の色。ドレも強烈なインパクトある色で、
お互いの長所を発揮していた。これぞ偉観であった。

〔圧縮〕盛岡017.JPG (圧縮)盛岡003.JPG

川沿いにカゴがあり、お金を入れて鈴を鳴らすと、
カゴはビューンとロープをつたって川の反対岸へ。
そして、団子を乗せて戻って来る・・・そんなビジネスも展開していた。
団子は想像以上に美味しかった。ごちそうさまでした。

盛岡02.JPG (圧縮)盛岡1.JPG

その次に猊鼻渓へ。ここは『日本三大渓』の1つ。舟下りが有名なのだが・・・
今回は時間の都合で、軽く見ただけ。でもそれで十分な気がした。
それほど厳美渓が私の景観欲を満たしてくれていた。

(圧縮)盛岡004.JPG (圧縮)盛岡006.JPG

そして、車は盛岡のわんこそば屋を目指して走り出した。。。。

≪わんこそばの食後・・・≫

食後すぐにホテルへ。今回はなかなかイイホテルでした。
チェックインだけ済ませ、次に一路、『小岩井牧場 まきば園』へ。
ココもなかなか良かった。

〔圧縮〕盛岡A059.JPG

『こどもの国』みたいなテーマパークかなぁ・・・と思っていた。その通りだった。
童心に返るとは、正にこのこと。羊を見ただけで興奮w
ついでにアーチェリーも。けっこうムズイw

(圧縮)盛岡5.JPG (圧縮)盛岡6.JPG

ここに来た目的であるソフトクリーム。
濃厚なのにサッパリしていて美味しかった♪

そして閉演時間とほぼ同時にまきば園を後にし、ホテルへと戻った。

夜は盛岡に来たのだから、焼肉でしょう!わんこそば食って既に5時間。
お腹ペコペコ。ホテルの部屋に荷物を置いて少しゆっくりしてから、
フロントで聞いた近くに焼肉屋『三幸園』へ。

(圧縮)盛岡7.JPG

冷麺がとても美味しかった。本当に・・・今まで食べた冷麺の中で一番。
焼肉は・・・ちと固かった。ハラミもカルビも豚も。
でも、白いご飯と焼肉のタレだけあれば幸福でした(笑)

食後は23時過ぎまでカラオケ。久しぶりに超充実の1日でした。

続く・・・ 
posted by taca at 23:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡旅行〔前編〕

1泊2日で会社の同期と盛岡旅行へ行ってきました。
かーなり、面白く楽しく満喫できた2日間でした。
長いブログになるので、3回に分けます。まずは〔前編:わんこそば編〕から・・・

17日 AM3:15
町屋へ同期Kと同期Yが到着。カーナビに目的地を設定し、一路盛岡を目指す。
辺りはまだ真っ暗で、コンビニだけが昼と変わらない様相で佇んでいた。

(圧縮)盛岡0011.JPG

私は後部座席。同期が3人集まれば・・そりゃあ会社の話にもなりつつ、
何度かSAに寄って休み休み夜のハイウェイを突き進んだ。
早朝、盛岡に着いたが、目的のわんこそば屋は、もちろん開店前。
仕方ないので、近くの観光名所を回った。≪これは明日以降に書きます≫

13:00
盛岡市内まで戻ってきた。もちろんわんこそばを食べるため。
今思うと、この時のんびり干し芋なんて食ってなきゃ良かった。

(圧縮)盛岡0014.JPG

店は盛岡一の「東家(あずまや)」。かれこれ100年近い歴史のある老舗だ。
Kが数日前に予約を取っていたため、すぐに座敷へ。3500円のわんこそば。
「普通のそば1人前が15杯。成人男性で平均50杯程度食べます。」
などと説明があり、直感で「100杯食べればスゴイんだなぁ・・・」と思った。
現に隣のテーブルで100杯超えがあり、大拍手であった。

私は生まれてから一度も「お腹一杯」というのを味わったことがない。
吉野家で牛丼特盛10杯食べた時も、全然まだ食える・・・と思った。
それだけに、今日は“限界”を知ることができるチャンスだと思っていた。


スタート。「はい、食べてーじゃんじゃん」というおばちゃんの言葉に呼応し、
KとYは怒濤の勢いで食べ、彼らが30杯食べ終わる頃、まだ私は25杯。
ゆっくり食べると食べられないよーとおばちゃんに言われつつ、
自分のペースで食べ続けた。それでも50杯は一番乗りだった。

(圧縮)盛岡2.JPG

そして100杯・・・全然余裕だった。いつもの夕食より少ない。
とはいえ、Yは102杯で終了した。いや・・・その後もそぼろご飯食ってたから
本当に限界だったのかは疑わしい(笑)
だんだん食べるスペースがなくなってきたが、食べるペースは落ちない。
と言うよりも食べるのが楽しくなってきた。

(圧縮)盛岡0012.JPG (圧縮)盛岡051.JPG

200杯に差し掛かった時、とりあえず222杯でいいや・・・と思った。
ゾロ目で終わらせたかったし、この店の過去最高が200杯前後なので。
だが、同期Kの「お前はもっといけるだろ」という見抜かれた発言により、
“限界”を目指すことに。目標を300杯に切り替えた。

300杯はアッという間に超えた。店内はざわつき、ところどころから
「ありえない」「すげぇ」という言葉が聞こえてきたが・・・・Yの放つ
「あーそぼろご飯美味ぇ」の言葉に笑ってしまい、それどころではなかった。

(圧縮)盛岡0013.JPG
最終的に333杯食べた。まだ若干入ると思ったが、無理は嫌いなので、
ここらへんで止めておいた。お腹一杯とは、コレだろう・・・という感覚も
味わえた。とりあえず、この店の記録を125杯ほど更新した。
店員さんは下の階で食べていた学生を呼んだり、近くの客に言い広めたり
していた・・・極め付けは、写真を頼まれた。(上記の写真は撮られているとこw)
私が投了した後、Kも150杯で終了した。
私がいなかったら大拍手であったに違いない・・・

(圧縮)盛岡054.JPG (圧縮)盛岡3.JPG

とりあえず3人とも“100杯以上食べればもらえる”という手形をもらい、
目標(お腹一杯)も達成できた。
もちろん、さすがは老舗だけあって美味しかった。ごちそうさまでした。
そんなこんなで盛岡の旅は始まった。

続く・・・
posted by taca at 22:23| Comment(25) | TrackBack(0) | 【旅行】 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする