2016年06月24日

『 海街diary 』

『 海街diary 』

とても綺麗な映画だった。原作は読んでいませんが、この作品は本作
の方が面白いのでは!?と思える実写化でした。読んでいないのに。

ストーリーはそこそこ、ちょっと無理がある展開もありましたが、
何気ない感情の起伏や淡々とした生活の中でも小さな事件は起きていて、
みんなが少しだけ悩んでいて、それを総まとめで見る印象。

とにかく鎌倉はロケ地として最高だな。
使われている家や雑貨などもいちいち素敵でした。
観る価値があります。観ていない方は観てみてください。

本よもう。
posted by taca at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『 滝を見にいく 』

昨日は月一くらいで開催している映画を観ながらお茶をすする会で
映画 『 滝を見にいく 』を観ました。

20160623_2128283.jpg
≪ 観たのはレンタル。これは観た後に 300円で売ってた新品W ≫

沖田修一監督の作品が好き、おばちゃんが主人公って面白そう、という直感
で借りたのですが、どうということはない作品なんですが、心を痛めずに、
終始おだやかな気持ちで観れます。なんだか良かった。

7人の普通のおばあちゃん( おばさん )たちが山で遭難?迷子?になる話。
最後がシュール過ぎて最高です。かなり現実的に描かれていて、たしかに人
ってこんな感じになるよね、と思いました。コメディ映画にしては見つけ
にくい笑いが多いのですが良作でした。これだけの低予算映画をよく作り
上げたな、と。脱帽します。

2014年 日本 上映時間 約100分
監督・脚本:沖田修一
出演:根岸遙子、安澤千草、荻野百合子、桐原三枝、川田久美子、徳納敬子、
   渡辺道子、黒田大輔

最後に 7人のおばちゃんの印象を。ここからは映画を観た人にしかわからない
ため、映画を観てから読んでくださいね。

主人公のジュンジュンがとても愛らしくていいです。独自の感性で山を楽し
む姿に心を打たれます。いつも人のサポートをしていたのに、最後には主張
して、その意志の固さにみんなが動かされるシーンがとてもとても良い。
全世界の命運が、とか、誰かの命が、といった壮大な話ではないのに、とても
鳥肌が立ちました。この人、演技経験ゼロというう素人さん。本当に驚き。

やさぐれユーミンも良かったですね。水商売なのに美容師と言ったり旦那が
いると言ったり、虚勢を張る弱さがとても心揺さぶられます。失恋して出会い
目的だったのか、参加者がおばちゃんばかりなことも実はとても不満に思って
いた様子で、「 普段こういったツアーには参加しないような人種 」を上手く
演じておりました。この方は女優さん。

師匠も良かったですね。アウトドアというか旅行に慣れている感じでみんな
の良きリーダー。普通の主婦だったのが、72歳の時にシニア劇団に入り、
この役を79歳でゲットしたのは驚きでした。

スミス( とんがりコーンおばさん )もクスっと笑えます。師匠との師弟?
ライバル?感も良かったですね。天然な感じがグッドでした。セッキーは
あの旦那さんとのシーンが一生心に残りそうなほど素敵でした。太極拳も
そうですが天然そうで実は熟練された女性。素人には見えない演技でした。

芸人の大久保に印象が近い、クワマン。イヤな印象ですが一番「 よくいる 」
おばちゃん。煙草を吸いながら和解するシーンは良いですね。友人のクミは
脇役の印象ですが要所でクワマンのキャラを引き立たせてました。友達を思い
やる姿が印象的でした。

沖田さんのメッセージ性を感じたのは、マイナスイオン。最初にガイドが
マイナスイオンの説明をしているが、この映画のマイナスイオンは友達の
ことなんだろう。自発的に滝を見に行くバスツアーに申し込んでいる、
マイナスイオンに癒されたい気持ちがある人たちも、「 プレゼントされた」
や「 紅葉の撮影 」など別の理由で参加したが実は癒されたい人たち。
心が安らかではない健やかではないおばちゃん達。でも、3万円のツアー
で山で迷子になって野宿を余儀なくされて、友達が出来た。愛称で呼び
合える友達が。友達こそが・・・といったメッセージ性を感じた。

「 40歳を超えると女性はみんな同じよ! 」といった台詞が出てきますが、
それを覆すような冒険をするわけでもなく、自然体で、それでいい、という
メッセージ性に溢れた映画です。オススメします。

PS、パンフレット( 500円 )が欲しい。どこかで手に入らないものか。
posted by taca at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

映画『 ちはやふる 』

映画『 ちはやふる 』 観てきました。上の句、下の句の時期ズレ上映。
別日に二回観に行くのは面倒でしたがとても楽しかったです。

THE青春映画に仕上がっていてオススメできます。
青春の題材にしにくい競技をシッカリと友愛を絡めている原作が良い、
のももちろんですが、映画用の脚本もよく出来ていました。撮影も良くて、
目や表情や登場や構図や角度や・・・色々と「このアングル良いな」とか、
「この色いいな」と思うシーンがあり、映像にお金がかかってましたね。
下の句の自転車に乗って振り返った新の表情とか素敵でした。
哀愁漂う太一の佇まいも。

太一がわりとあっさり A級になったのも観ている時は「 あっさりだな 」と
思ったが、原作がもどかしかっただけで、観た後の後味はとても良かった。
原作では、苦悩する太一が私の中では主人公で、太一名言集とか作ったら
欲しくなります。太一が言うから名言であって、言葉としては平平凡凡ですが。
きっとそれは、太一が普通の人( ただしイケメン )だからだろう。
才能がある人間に感情移入できないから。太一は俺達の代表で、
努力することで成長して自分のポジション( 学内でも、部内でも、
カルタの選手としての自分 )を守っているから、応援できるし、
自分を重ねられるし、言葉が実感に変わる。太一大好きだ太一。

ヒョロ君、須藤さん、机くん、肉まん君がツボです。この実写映画化は
配役が成功しているなぁと観ながら何度も思いました。
太一も最初はもっとこういう役者がいいのに!みたいな理想がありましたが、
こういう役者もアリだな、と思いました。広瀬すずも可愛くて演技も上手く
千早になりきっていましたが、若宮詩暢役の松岡茉優という女優がとても
とても素晴らしく、この子のための映画なのでは?!と思うほどでした。
カルタ中に( 監督の指示で )驚いたり楽しんだりする表情があり少し
詩暢役としては残念でしたが、演技派で美しい。満島ひかり以来の衝撃でした。

役者がかけているメガネ、高そうに見えたけど Zoffなんだ。とか、
PerfumeのED曲が、とか、ED曲にムリヤリ「 ちはやぶる 」が入っていたり
( 曲名や歌詞とも合っていない )と、EDの最後まで色々と考えさせて
くれる映画でした。ロケ地も行きたくなりましたね。

須藤さんが引っ張るのに手を離さないヒョロ君、でも「 アレ持ってこい 」的
な言葉で直ぐに何かを察する( つまり本心では渡したかった )ヒョロ君、
立ち去る須藤さんを「 須藤さぁぁん 」と追いかけるヒョロ君、煙たい役に
なりつつあるブラ部の「 ありがとう 」の気持ちのこもった演奏、上の句と下の句
に時差がほとんど無いところ( おそらく数日以内翌日か二日後 )、
とにかく登場人物がポジティブなところ、最後に太一と須藤さんのどちらが
勝ったか明かさないところ( 実力的に太一では勝てないが、太一の負け
をわざわざ見せると千早の負けのシーンが薄くなるため )、などなど色々
なシーンで「 良いなぁ 」と思う映画でした。

スポ根好きとしてはもっと「 悔しい 」、「 努力 」を観たい気持ちもあったが。

【総評】 下の句より、上の句が好き。でも、松岡茉優が一番好き。←
posted by taca at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

横浜DeNA × 読売巨人軍

ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。 あらゆるケースに
適用する人生の秘訣などない。( カール・グスタフ・ユング )

20160331_a3.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

3月31日(木)は会社を早退して野球観戦でした。横浜スタジアムは
やはりちょっと遠いですね。もちろん距離的に遠いだけで鉄道の発達
のおかげで時間は片道一時間足らずですが。

20160331_a6.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

試合は開幕 6試合目。ここまで 2勝 3敗なので今日勝って借金を帳消し
にしたいところでしたが負けてしまいました。不甲斐無い試合展開でし
たが内容は濃く、二試合分くらい楽しめました。

20160331_a5.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

先発は菅野と砂田。3対 0で負けていた時は菅野ですしもう 7回ですし
「 負け 」の二文字がチラチラしましたが、7回裏の筒香の3ランHRで
同点。お祭り騒ぎでした。

20160331_a2.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

荒波のタイムリーで同点になった時の下園のオーバーランが敗因でした。
あの無駄なアウトが無ければ 2アウト 2、3塁という絶好のチャンスに
ロペスでしたから。まぁロペスが打つか微妙ですけどね。

白崎、ロペス、ロマックはもうスタメンじゃなくても良いですね。山下、
下園にもチャンスを与えて欲しいです。梶谷が戻ってきたら色々と楽し
くなりますね。倉本、柴田、関根あたりも巻き込んで。倉本はまだまだ
信用できませんが。。。

20160331_a4.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

投手は中継ぎが微妙ですね。三上と山崎は良いですが。あと采配が
本当に酷い。この試合も監督がもう少しマトモなら勝てた試合で、
なんだか選手を生殺しにしているような気分になりました。

20160331_a1.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

ダチョウ倶楽部が出てきました。試合前に。見れないと思っていたけど
少しだけ見れました。あと試合の途中にも出てきました。写真はその時
の様子です。笑

いつものサメタソとキャナコさんと 3人でとても良い席で観れてかなり
楽しめました。チケットいつもありがとうございます!!

20160331_a7.jpg
≪ 読売G × 横浜B ≫

カッコイイ硬式球も買えたのでコレを使ってキャッチボール・・・は勿体ない
ので以前にもらったサインボール( 細山田 )でキャッチボールしてます。笑
posted by taca at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

2016年のセ・リーグ順位予想

2016年のセ・リーグ順位予想をしましょう。

1位、阪神虎
2位、読売巨人軍
3位、横浜星
4位、中日竜
5位、広島東洋鯉
6位、東京ヤクルト燕

希望的観測であれば横浜を 1位に据えますが、やはり虎橙は強い。
特に巨人は人材の宝庫、横浜の 1軍の選手が巨人に行ったら殆どが
2軍と揶揄されるほど秀逸な選手が揃っています。もちろん過言です
がそれを証明するためにも Aクラスに挑んで欲しい。鯉も強いけど
マエケンの抜けた穴を考えると 144試合戦えるだけのチーム力はもう
無いでしょう。

外野手出身の新監督が 3人もいて不思議なペナント争いになりそう
です。人気だけで監督が出来るなら郷ひろみにでもやらせればいい。

横浜は監督がダメですが選手は整ってきました。特に新人 3人の活躍
が大いに期待されています。本拠地開幕で先発で 7回 4失点と初戦に
してはまずまずの今永、球団史上初の開幕新人捕手となった戸柱、
開幕スタメンに名を連ねた柴田。ルーキーに頼るのはどうなんだ?!
という話もありますが、大いに期待したいところです。

金 井納
土 久保
日 石田
火 今永
水 モスコーソ
木 砂田、

この 6人でローテーションを回しながら山口の復活を待ちましょう。
三嶋、三浦も駒としてはおりますし。三上は個人的には先発に起用
したいんですよね。中継ぎが弱点の横浜の要ではあるのですが。

野手では荒波、梶谷、筒香がみんなを引っ張ってくれると思います。
下園、松本、山下、関根にも期待。白崎、ロペス、ロマックは期待
できそうにないですね。

(^^)では。
posted by taca at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする